ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< ラオス森での憩いの一時 | main | ケララの アーユルヴェーダオイル再入荷(期間限定販売) >>
ラオス メコン川で初泳ぎ

朝起きたら、まずフレッシュな果物を頂く。

朝食を頂いてる間、友達のYoni君が 今日の予定を相談してくるのだ。

「今日はメコン川に 行かなくっちゃ!!やっぱり泳がないとね〜!!」

泳ぐのは嫌いでないが、歩いて行くの遠いかも。。。。とちょっと気が進まなかった。

しかし最後の観光だし、重い腰を上げて、行くことに決定♪

村の辺りを通りながら、歩きながら思った事。

タイもインドもラオスも同じだな〜〜。

昔から村の人はお皿も道具も全て自然の物を使っていたでしょ。
バナナの葉の葉っぱとか、葉や木の皮の包装紙等、、、使った後は、何処にでもポイポイ捨てても、そのままリサイクルで自然に還るから、ゴミに関して気にしない部族達だった。
だから
その習慣がしっかり今も続いてる。でも何が違うかというと、ゴミはプラスチックの物に変化しているのです。 
道のあちこちには、ビニール、プラスチックボトルだらけでした。

”あーー、ここもインドと同じじゃーーーとインド”を想像した。

しかし、それがいいとか悪いとかなんにも気にしない 素朴な村の方々。。。
 
とても幸せそうな顔つきで 温かく素朴に

『サワイディー !!』
(とは タイ語のサワディーと同じ)

話しかけて来る。

本当にピュアな心を持っているのが、直感でわかる。


ヴィレッジの周りにはコーン畑等がある。

ちょっと前までは沢山の水が流れていた川です↓
泊まっていた辺りの川は、2週間前に干上がっていたが、
下流メコンは大量に水がある。



そして大道りに出た所にすぐミニマーケットがあり
地元のフルーツや野菜をチェック!

タマリンドが大きい!
マンゴも!安い!!マンゴは青くても、ピクルスに漬けたりするので、食べれます。

メコンフュッシュ!! びっくり
大きいですね。。。。


ちなみに完熟タマリンドを試食です。
皮を剥いたら、筋を取り除き、 実は柔らかい。 お味は本当に甘かった。ほんのり酸味があるけど、これだったら沢山食べれそう!


道路沿いで、バナナを焼くお姉さん。
何度も要らないか?と訪ねるから。食べてみる事に。
でもこれ、想像より硬くてちょっと重たい食感でした。甘味も、、、あまり無しでした。

もう買わないかも。。。

約45分歩いて、ようやく川沿いの寺に着いた/
暑くて乾燥していたせいか、水はやはり癒される〜〜
もう、こっからジャンプしたい気持ちになった。

メコン川沿いのお寺には 沢山のブッダが勢揃いだ。

¥
恵比寿様の様なブッダも


主人が好きな石の彫刻にもブッダ

寺の大蛇からビーチへ
とても素敵なロケーション
ここは タイトラオスの国境です。
自由に泳いで渡れそうな感じです。(笑)
国境の先に見えるのは、タイのお寺です。お寺からみるお寺。
こんな事も初めてな体験。
感動!!美しい!!!


さっそく、おやつです。市場で仕入れた産地のコーン!!甘くて美味しいです。

メコン川の水は気持ちよかったです。透明ではないけど、ごみも浮いていないし
泳ぐのに気にならない感じです。


広大なメコン川で泳げて幸せです。

こんどは、時期を変えて上流の小川で泳ぎたいです。


その晩
最後の夜となり、ここで飼っている 癒しタイム
私の膝にちょこんと寝転ぶ彼女の姿を観ながら、自分も癒される。
まるで、”帰らないで、もっと居て〜”、と言っているみたい。
また4月に戻ろうかなーーー、、、主人と検討中です。




次に日
ドリームタイムのオリジナルTシャツをゲット!
PADMIN でも置かせて頂きます。
入荷しました。
可愛いゲコちゃんがバックにも付いてます。



| Laos 滞在記 | 14:46 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする