ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< チェンマイのお寺 | main | ラオスの旅 エコ的な過ごし方 >>
初めてのラオス行き
JUGEMテーマ:海外で経験した珍しい事や珍しい物 

Hari om

一ヶ月のタイ チェンマイの滞在から、しばらくブログをご無沙汰していました。
ネット環境の悪さに慣れつつも、やはりwifiが恋しかったのも確かである。


この間、初めてタイとラオスの国境を渡りました。

行き方はチェンマイから 夜間10時間程ミニバスに揺られながら国境を渡るのです。
チェンマイから約900Btです。(2700円ぐらい)


ミニバスとは11人位座れるヴァン型の車。
トヨタだったのでシートは良かったのですが、前の人が思いっきり倒して寝るので、スペースはほとんど無し、かなり窮屈でした。もし今度乗るなら、一番前の席ですね。
一番前はゆったりと乗れるのです。
しかし、私達若くもないし、もうこりごりだという気持ちにもなったので、次はバンコクから汽車にしたいと思いました。

バスはタイ南のカンボジア方面へ南下し、国境の手前で観光会社の事務所で一度降り、入国手続きの準備をします。そして、サンドイッチとジュースを貰い、皆で食べ違うバスにまた乗り換えます。

バスにはカーテンが無かったので、町灯りと車のフラッシュライトで、殆ど眠れなかったのですが、日が昇る頃メコン川の橋を渡った時の美しい光景をショット>>

橋を渡ると
直ぐにイミグレーションがありました。

あまりにスムーズに行けたので驚きである。
日本人は15日間ヴィザ無し入国可能で、ラオス人と同じ入国管理局へ誘導されます。
無料で入国出来ます。

日本の政府がラオスに投資を沢山しているので、日本人は優遇されます。
この時、主人はアメリカ人なので、他の審査室へ連れて行かれ、書類、写真と入国料金を請求されました。


私が通った入国審査室
簡素な箱の中に一人の審査官。そして質問は無し。。。easy seasy

この時すでに6時半を過ぎています。

入国が済むと、またまた違うトラックタクシーに乗れと誘導され、首都ヴィエンティエンへ向かいます。

普通はタイ大使館の前に停まるはずのトラックが、今日は博物館の前となっていましたが、私達にとっては、都合が良かったので助かりました。
より街に近かったからです。

そこで、
旦那様のお友達ヨニ君が、私達に合わせてイスラエルから来てくれていたので、彼が迎えに来てくれました。

いつも、主人が”いい奴だ”と言っていたので、初めてお会いするのを心待ちにしていました。
実現して、凄く嬉しい日でした。
初めて会えて嬉しいとハグハグ!
本当に”優しくて最高にいい奴!”って感じです。
私達の弟の様な感じ。 

旅好きで、沢山の事を経験しているので、フレキシブルマインドな奴です。

まずは目的のジャングルエコハウスへ行く前に、街でチケットやEmail チェック。
日本の旅行会社も発見!へーー日本人の観光もそろそろ力入れてオープンしそうですね。
日本人用のフリーマガジンも発見!ビックリです!!
日本人コミュニティーがあるんですね〜〜。。。。

そして、両替に行ったら、0がたくさんある紙幣で驚き!!
ヴェトナムもこんな感じだったような気がするなー。。。
これが一番大きなお札。
50000キップ(約500円 しかし今はそれ以下)

ヴィエンティエンは首都と思えない程小さな可愛い街でした。
フレンチコロニーだったので、洋館の様な建物も多数有り。しかし古い建物は今壊されつつ、新しい町づくりに 建築ラッシュに入ったと言われています。
車も毎日約200台位は売られて、急速に車の数が増えているんだって、、、こんな小さな街に車は必要ない気もするんだが。。。。
どの発展途上も同じですね〜。。。
森が壊され、文明社会がもっと増えると、地球の酸素が足りなくなるというのに、、、、本当にIndustrial mind で困ります。

中国人投資家が、樹齢が長く大きな木をたくさん買いにくるから、森林伐採が耐えないと言っています。
日本人投資家よ、森を守る方法で投資してください!と悲鳴をあげてしまいます。

では 目的地 ジャングルへ












評価:
価格: ¥ 3,680
ショップ: PADMIN
コメント:高級感のあるタイシルクを インテリアのお洒落に!

| Laos 滞在記 | 19:20 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする