ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 日本を出発しました。 | main | タイフードお料理教室パート1 >>
年末のチェンマイの街
JUGEMテーマ:海外で経験した珍しい事や珍しい物 

年末にフラフラと街を見て回っています。毎日5時間ぐらいは歩き続けるので、夜になると足がかなり浮腫んで、腰も硬くなってる感じです。
帰ったら パスチモッタナーアーサナやトリコーナーアーサナー、で腰を伸ばします。

超久しぶりのチェンマイ(約20年ぶり)人々の温かさ、のんびりとした感じは変わっていませんが、やはり観光ビジネスが盛んになり、20年前と比べ、食品とタイ人が使う生活雑貨は2倍程に上がり、お土産物とかツアーサービスは3倍〜8倍は上がった様な気がします。

値下げをお願いするのも、なかなか手強い感じ。
しかし、交渉については かなりのプロといっても良い位自身があります。

あまり自分用の雑貨には興味はありませんが、蚊よけ用のオイルが欲しいと言う事で、
シトロネラオイル レモンの香りです。
これがあれば、良い匂いで気分もスッキリ爽快だし、完璧ではないがいくらか刺されません。
サンデーマーケットと言って5時頃からOld townで出店がオープンします。
マーケットにはフードコートもあり、安くて美味しそうな物ばかり、
色気より食い気の私達だから、
南のタイでは見なかった、珍しい物を食探し。
チヂミに近いシーフードお好み焼きです。パリパリで歯ごたえが良くて、もちもち感もありますね。上新粉かコーンフラワーっぽい感じです。 そして もやしが真ん中に挟んであります。


笹舟に入ったオムレツです。中身よりも笹船の作り方に興味があったので、家に帰って解体しました。 
素敵な器、しかもエコです。有害なゴミにはならず、土に還ります。




この緑の粒はなんでしょう?
なんとフレッシュな胡椒です。
初めて、食べました。すこし苦味があるけど、全く辛くない!
きっと乾燥した黒の胡椒と生の緑の胡椒は コリアンダーの様に、エネルギーも違うと思うな。
コリアンダーは生だと体を少し冷やすエネルギーがあるそうです。しかし、ドライコリアンダーは体を少し温めるエネルギーを持っています。
この緑の生胡椒も炒める事で、苦味もマイルドになると思いますが、食べた後も思いっきり体を熱くするどころか、冷やしてくれる感じがしたのです。
沢山食べたのに、消化のアグニもゴ〜〜と燃えない感じでしたので、きっとヴィパーカ(ハーブのエネルギー)の種類は、ちょっとドライに比べて違うと観ています。

この緑の胡椒は北のタイだけではないでしょうか?

こちらに来てから特に
食べる事に満たされていますので、体重がすでに増えてきました。
年明けたら、断食DAYをしなくてはと考え始めました。
旦那様のお腹も妊娠3ヶ月の様に?(笑)人の事あまり言えませんが、、、
お腹に指差して ふざけて、”おめでとう!!”と言っています。

もうすぐ、年が明けます。2012年 辰年よ! 今年は辛抱がテーマな年だった様な気がします。 しかしこの辛抱を鍛えた事が、何かの役に立つと思えば、次の励みになりますね。

2013年は 今よりも 本格的なスローライフがスタートします。
世界の人々が思いやり、ポジティブで、平和な人生を過ごせます様に!!!!

 HAPPY SMILE♡





評価:
価格: ¥ 280
ショップ: PADMIN
コメント:隠し味的な奥深いスパイス。インドカレーには欠かせません。

評価:
価格: ¥ 180
ショップ: PADMIN
コメント:南インド料理に必ず使うスパイスの一つ。辛くはないが、体を温めるので、寒い時に簡単に炒め物にも使える。 人気なスパイス。糖尿に気になる方にも良いでしょう。

| Thailand | 11:44 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする