ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< フラワープリントのスウィート布ナプキンパッドが新発売 | main | サンスクリット語のお勉強 >>
手作り美顔フェースパックでホームレメディー
 
インドでは主婦のお手頃フェースパックのレシピが各家庭にあります。
母から娘へと引き継がれている様です。
娘の居ない家庭は引き継がれないのでしょうか?でも息子のお嫁さんにもきっと知れ渡るんだとおもいます。

アメリカで知り合った、インド人のお姉様から母から教えてもらったレシピを元に
私も真似してみました。
これが
美白にとても良いのだとか!

私もやってみて本当に凄い、美白美顔感ある〜と感じました。

ヒヨコ豆の粉は色んな言い方があって、アメリカではガルバンゾーともいいます。
インドではベサンとかペッサンとか?
一般的にチャナダルとも言います。

色んな呼び方がありますね〜。。。

この粉を使って、スパイスやハーブを調合します。

私なりに研究した結果、
蜂蜜、ヨーグルト、ローズウォーター、ターメリック、ニームの粉、ココナッツオイルとかホホバオイル等と
ベサンパウダーに混ぜてパックしたのが良いと思いました。
調合に薬用のasokaニームターメリックパウダーを試したらこれもまたとても良かった。
お好みなので家にある物で自由にペーストつくれば良いのです。

全て自分流に!
(全て自己責任です)


顔にパックしたら、20分位で乾きます。
そしてぬるま湯で洗い流します。
※ターメリックは服、タオルに付くと色が落ちないので、注意してね。
 濃い色の生地が安全です
肌に潤い、透明感が出てきますよ。

お手軽にできちゃう、お奨めのホームレメディーです。




| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 17:51 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする