ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< アンジャナ(カジャル)というアイケア | main | パンチャカルマ体験3 インドで一ヶ月間のアーユルヴェーダ治療 >>
パンチャカルマ体験2 インドで1ヶ月間のアーユルヴェーダ治療 
 先週の治療は 
ナバラキリといって薬用ライスをボール状にして熱々のボールでマッサージを行うもの。これも一週間連続して行います。
ミルクとbala(身体を強くするハーブ)の根、ナバラ米を水と混ぜて長時間煮込んだ物を布の袋に入れてマッサージ用のボーラスバッグを作ります。てるてるボーズを作る様な作業です。でも持ち手の所は上手く紐でまとめてあります。
施術中、米と牛乳臭いけど、米が柔らかいスクラブ状になって肌の古い角質が綺麗に取れていく感じが解ります。そして温かくて柔からかなバッグなのでスムーズなタッチと肌に触れた感じがとても気持ちが良ーーい!

ナバラキリの効能は
若返り、弱った筋肉を強くする、肌艶を良くする、虚弱、関節炎を緩和させる、身体組織を強くする、シワを減らす  等
女性には最高のトリートメントだと思います。
 この治療が終わった後も、しばらくの間 肌のモチモチ感ツルツル感はずっと続きました。
すごい!ナバラ威力!

あとは目のトリートメント。 
目の治療は視力が良くなるということで、チャレンジしてみた。
この写真↓↓がタルパナと言う治療。 
この治療中の8日間は外でも家の中でも昼間の太陽を避け、出来るだけ一日中サングラスをかけて過ごすのです。そして読書もコンピューターもしては駄目。生活習慣も変わる訳だから、なんか日常生活から隔離された感じ....これも我慢できないと効果が出ない訳だし、とにかく頑張ってみた。
目の周りに 粉で練ったペーストを台にして その中にゆっくりと薬用ギーを流して行く。
流し終わったら、目を開けたり閉じたりするんだけど、涙がでるぐらい痛いのだ。
視力が良くなるためなら、と頑張って涙が出るのを感じながら目を開けようと必死だった。目を空けている時は ジワジワ〜と薬用ギー(トリフャラグリタ)が浸透していく様。そして涙が出て来ているのも感じる。
これを7日間続けた後は 8日目には 山羊の肝を強い火で焼いた肝エキスジュースを目に入れるんですよー。 肉の匂いが.......
それをした後、なぜかスッキリとする。 

タルパナは毎年治療したいと思う程、とても良かった。 
その後 夜になっても、目の疲労感が無くなった様な気がするの。 

ちなみに友達はこの治療の後視力が上がったそうです。私も始める前に視力を測っておけば良かったと少し後悔した。

最近のどの人もコンピューターで目が疲れてるから、目の健康と滋養としてこれはお薦め!



バーナー   



| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
             
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/29
トラックバック