ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 伊豆山の神様 | main | 旦那様が2度目の来日 >>
朝ヨーガの後のカシューナッツとデーツ
 JUGEMテーマ:健康


2年前に友達の紹介で、ヨガ講師と出会った。
ケララ州カヌールのハタヨーガを教えているヨ−ギ チャンダランから教えて頂いたヨガダイエットだ。
「朝ヨーガの後にこれを食べなさい!習慣にしなさい!」と言われていたものの、、、、
それをインドで揃えるのはとても簡単であるが、日本はちょと難しいかも、、、と思っていた。

カシューナッツ10粒とデーツ3〜5粒とアーモンドミルクである。

「これが人間のオージャス(元気の素)を創り上げる大事な栄養だ!」
 と何時も言っていた。

私もさすがに毎日食べる習慣がないので、彼と会う時『毎日食べてるか?』と聞かれる度に、首を振る私。 
 
 全く駄目だなー、、、
なんて顔をされるのだが、インドの人はそういう習慣性についてとても厳しいのだ。
しかもヨーギでスートラやサンスクリットも教えている凄い人。

デーツもカシューも栄養価(鉄分カルシウムも豊富)が高く最高の健康食
であるから、日本でなかなか手に入らないデーツをインドから、ごっそり送ったんだが、、、、
もうすぐそれも品切れだ。
その前にぱちりと記念写真がこれ。


デーツの味が分からない人に説明するのだが、
ちょっと干し柿の様な香りがします。
天然の甘味は結構あります。繊維質もたかいので、お通じもバッチリです!



評価:
価格: ¥ 800
ショップ: PADMIN     ayurveda & yoga
コメント:アーユルヴェーダ個人輸入注文の本格的な薬草のお茶。漢方茶の様に煎じて飲みます。ケララ州政府、最高レベルの認定書を持ったアーユルヴェーダフャーマシーから、糖尿病でお悩みの方に作られたお茶です。

| yoga ヨーガ | 13:23 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする