ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 緑豆スプラウトでサラダ | main | プラーナいっぱいの春の大根葉生姜炒め >>
汝はそれなり
「 汝はそれなり」「我はブラフミンなり」という言葉を表すヒンドゥー教の聖典があります。

  ウパニシャド

師から弟子へ密かに授けられるので”近くに座る”と言う意味があるんですと。。。
それほど、奥義の物として扱えと言う意味が込められているのでしょう。


至高の存在がブラフマン(超越の意識)/アートマン(体の中に存在する魂).....人間と
宇宙と合一 というのがウパニシャドの主題。
真我は私達の中に在る真実そのもの。
ブラフマン=真実は一つ、絶対的真理
初めも終わりも無い無限に続く宇宙。

大宇宙と小宇宙について語る時
ブラフマンは宇宙の最高原理(真我)とアートマン(人間の本質、魂)は一体という事なんだけど、実際には人間にとってそれが何か解らなくなってるわけで、瞑想や修業を積んで、ブラフマンやアートマンは一体であるという 究極な気付きが そこにあるという事です。
大宇宙の中に存在する物は、小宇宙にも存在します。
小さくても大きいのと同じ位 広大である。
真に理解される物はなんであろうか?


パールガヴァが師にたずねた。
「尊者よ、何種類の力が集まってこの身体を統合しているのですか?その中のどれが一番明らかなものですか?どれが一番偉大なものですか?」

「その力は」と聖者は答えた。
「虚空、風、火、水、地である。これらが身体を構成する5大元素である。さらにその他、言葉、思考器官、眼、耳、およびその他の感覚器官がある。ある時、これらの力が自慢をし始めた。『われわれが共にこの身体を統合し、これを支えているのだ』そこで、彼らすべての中の最高者であり、純粋活力であるプラーナ(気)が、彼らに言った。『お前たち、自分を欺かぬがよい。私が私自身を5つに分けているのであり、この身体を統合し、支えているのは私のみである』しかし彼らは彼の言う事を信じようとしなかった」

「プラーナは自分の正しさを証明するために、身体から立ち去る素振りを見せた。しかし、彼が立ち上がって去るように見せかけた時、他のすべては、もし彼が去ったら自分たちも彼と共に身体を去らなければならないであろうということを悟った。そしてプラーナが再びその座についた時、彼らも各自の場所を見いだした。あたかも女王蜂が出て行くと蜂どもは出て行き、女王蜂が戻ると彼らも戻ってくるように、言葉、思考器官、視覚、聴覚、およびその他のすべてもプラーナと共に出て行き、プラーナとともに戻ってくるのである。自分たちの誤りを悟り、彼らは今はプラーナをたたえて言った」
                 
プラシュナ・ウパニシャッド


カルマについても記されてます。

人は、彼が固執する欲望に従って行動します。死後、彼は彼の思考と、彼の行いの微細な印象とともに来世へと向かいます。そして、彼の行いの結果が報いられた後、彼は再びこの行為の世界に戻ってきます。このように欲望を持つ者は、再生の対象であり続けます。

しかし内において欲望が静められた者は、再生に苦しむことはありません。死後、最高の唯一の望みであるアートマンに到達して、彼は他の世界に行くことはありません。ブラフマンを真に理解して、彼はブラフマンとなります。

ブリハドアーラニヤカ・ウパニシャッド

| yoga ヨーガ | 21:10 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする