ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< サリーの着付け | main | タミルナドゥ 彫刻の街ママラプラムへ >>
モリンガ
インドでは良く目にする野菜、モリンガ入りサンバルカレーはとても美味しいですね。
ドラムスティッックとも言われ、実はオクラを長細ーくしたような型。

カレーで煮込むとモリンガはトロミがある部分と縦に長細い繊維質のある部分が分かれる。それを口の中にいれ、指でつまんで引っ張る。口の中で 歯で削ぎ落とす様な感じでトロミを食べるのです。
そのトロミがとても栄養価が高くて、インド人曰く、万能のハーブとして(野菜として)大切にされている植物だとか。
私が滞在していたゲストハウスのオーナーさんの裏庭にもお友達の家庭にも生えていて、伝統的な家屋には必ずと言っていい程、生えており、家庭の常備薬的に 彼らは保存しています。
大昔から伝わる神秘的なお野菜。自然治癒力を高める野菜としてインドでは重宝されています。
調べたら、本当に色んな効果があることにも気付きました。
数百種類の病気にも良いそうで、ヨーロッパや他の国でもハーブ療法に使われているんだとか。
「奇跡の木」と呼ばれているらしく、各国の現代医学でも安全と効果について証明されていると言う事です。
セロトニン異常に起因する、パニック障害、うつに有効とされる研究結果も発表されていいるらしい。。。。


裏庭で撮ったモリンガの葉を生で食べてみました。
サラダにしてもいいかもー!ほんのすこし苦味があるけど気にならない。カフャ、ピッタ体質には特に良いでしょうね〜。
お花も食べれるんだよとオーナーさんが語ってくれました。
柔らかそうで、美味しいそう。。。。





JUGEMテーマ:健康


| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 13:53 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする