ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< カラリの動物(魚)ポーズ7 | main | ヨガ アーナンダ商品の注文再開! >>
インドのフット式カラリマッサージの動画
私の師グルカルのフット式カラリマッサージの一部が動画に公開されています。
とてもハードな技なのですが、
ハンド式カラリマッサージから始めて、カラリパヤットゥの武術を習いながら体力気力を身につけながらフット式カラリマッサージを学んできたのだが、
まさにスピーディーで圧をかけるバランスを調整する技を身につけなくてはならないので、1ヶ月間の練習が必要です。
難無くこなせる師の足技は経験豊富ならではです〜。

http://www.youtube.com/watch?v=HOPn5w3gQaw&feature=related

14日間施術を受ける事で、筋肉は強くなり、脂肪は減り、活力も増進してくるとグルカルは言います。
基本的な事ですが、
ヨガでも武術でもどんなスポーツでもどんな施術でも、続ける事で素晴らしい効果が徐々に表れるわけで
数回の経験したことで、善し悪しを価値判断出来るものでは無い事が 解る方にお伝えしたい と思います。
現代はなんでも即効性を求められる事が多いですが、伝統的な物やホリスティック療法の効果や結果が出るというのは、長い時間がかかります。練習も勉強も 深ければ深いほど果てし無く長い時間がかかります。伝統のダンヌーラヴェーダだからこそヨーガに携わる一部の智慧として カラリを体験するのは素晴らしい事です。 

●ケララ カヌールのMGS カラリ グルカルディネッシャンへカラリ受講で行きたい方は 私のメールにご連絡ください。確実にいかれる方はご紹介できます。

私のプロフィールページにメールアドレス載っています。

詳細 www.mgskalari.com

健康下着、癒しのふんどしはヨガウェア セレクトショップ,yoga, ヨガファッション,麻, ヘンプ
| カラリパヤットゥ | 15:33 | comments(0) | - | pookmark |
             
コメント
コメントする