ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 3度目の北ケララのティヤム(theyyam)祭 | main | カラリの動物(魚)ポーズ7 >>
ケララのミールズ
 ケララのランチと言えば、皆ミールズという。
地方によっては呼び方が違うと思いますが、
カヌールではミールズって言えば、お変わり自由のランチが出てきます。
私のお気に入りのオンデンホテルのミールズは、お魚が上手いと評判です。

本当に美味いんです!
いつもわさわさ混んでいます。90%位は男性のお客さん、、、何故でしょうか?
街からちょっと離れていて、住宅街までバイクやクルマで脚を運ぶお客さんだからでしょうか。。。

今日はアイダという鯵を注文したら、とても大きかった!!
バナナの葉の上に
茹でた丸いお米
サンバルカレーとフィッシュココナッツカレー、チーラ(ほうれん草)とココナッツのトーレン(炒め物)、ピクルス
メインは
チリパウダーが沢山付いた鯵のココナッツオイルで揚げたフライです。

いつもここは美味しいランチです。

ちなみにホテルというのはこちらではレストランと言う意味です。
なんでかなー??
宿の3つ星以上のホテルもホテルと言っています。



| フード | 18:23 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
             
コメント
今日も友達と食べに行っちゃった。お米のクオリティーも上級なのよ。あそこは凄く人気があるのよね〜。昔のたいていのレストランは宿にくっついていたのかなと想像しちゃいますが、ホテルとは 謎ですよね。
| kayoko | 2012/02/21 1:48 AM |
あ〜、また食べたい、あのミールス&#10084;
本当に美味しかったな。
そうそう、なんでホテルって言うんだろうね??
レストランなのに、ホテル・・・。
バンガロールでも同じようにカルナタカ州でも
小さなレストランのことをホテルって呼びます。
謎だよねぇ...笑
| polepole | 2012/02/20 11:04 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/212
トラックバック