ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< 常備薬ニーム | main | ケララ料理」、ポテトバジ&チャパティー >>
Tulasiトゥラシ(ホーリーバジル)という野草
 JUGEMテーマ:健康

この日は基本中の基本 野草Fresh juice作り。Ginger とTulasi(トゥラシ)の 絞り立てにそれぞれにHoneyを加えて苦みや辛みをおさえ、ごくりと飲むのです。想像よりはるかに美味しかったし、本当に栄養満点で、風邪予防にばっちりです。 

うわー!キックー って感じ。こちらインドのBasilの香りはミントに近いかもと思いました。 (ちょうどミントとバジルが半分ずつ混ざってる感じの香りとお味です)

この野草は お肌のトラブル、食欲増進、消化作用の強化、咳、寄生虫の除去、利尿作用、抗ストレス、気管支炎、血圧降下、抗炎症、解熱、抗麻痺、防腐作用、虫さされ、 etc... ネットで調べてみたら、こんなに沢山ハーブ作用があると書かれています。
聖なるハーブとしてもヒンドゥの家庭ではとても大事にされています。南インドの家庭の裏庭にはどこでも自生しています。インド人が朝のお祈りの時に、トゥラシを耳に引っ掛けたりしている姿も見た事が有ります。そして壇の上にもトゥラシをちょっと飾ったり、これは昔からの習慣で、魔除け効果も有るんだとか、、、スピリチュアルなハーブだなー。と感激しました。

                                      
トゥルシー(トゥラシ)のお茶としても、美味しくいただくことが出来ますよ。
インドではオーガニックのトゥルシチャイマサラティーもあるほど、メジャーな健康茶です。ドーシャがカフャタイプの人にはこのマサラティーは凄くおすすめですよね。

しそ科の葉っぱなので、効用は殆ど日本於紫蘇と同じだよね。 
お刺身の横についている紫蘇の葉は、なるほど...寄生虫や菌の予防のためにあったんだと再確認しました。わさびと共に食べたら効果大。 
インドにもバジルがあるのは感激した。 
パスタ用のバジルソースが作れるではないか!とひらめいた。でもどうやってパルメザンチーズをGetしようか.... 
こちらに来て毎日カレーだったから(でも飽きない)、たまにはスパゲティーとか作ってみたいなーと思っていたから、ワクワクして来たよ。そう、聞いてみたらこちらにはパルメザンチーズが売ってないそうです。チーズ抜きでオリーブオイルとナッツで作ってみるしかないね!!! 

この年季の入った鉄製の道具でペースト作りをします。
「このトゥラシの生汁は皮膚疾患全般、虫さされ等外用に利用されるし、内服は神経系疾患、呼吸器系疾患、食欲不振、風邪、解熱 のために使われるんだよ」とドクターが説明してくれました。

アーユルヴェーダでは全ての食べ物がお薬になり得るという観点。
インドの家庭では、台所のお薬と言う程、スパイスとハーブを大変重要視しています。
その中でも、トゥルシー(トゥラシ)はホームレエメディーとしてメジャーなハーブの一つです。

私は旅好きで、移動がとても多いので、生が手に入らないときは無添加トゥラシのカプセルをバッグに入れておきます。
あと、いざ!と言う時
カプセルになったトゥラシは常備食として手元にあると、風邪ひきそうになった時、すぐ飲めると とても便利ですよね。
 
| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
             
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/20
トラックバック