ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
<< インドのアイスクリーム | main | サンセットポイントでメディテーション >>
スピリチュアルなプージャ(儀式)

 インド アンボリという小さな村、 アーシュラムでのヨーガは

深い精神性を養い+自己の中にあるバクティ(献身)を清めるために、コース中、4回のプージャ(儀式)を僧侶のガイドで行ないます。

ちょっとだけですが、TTCの奉仕活動にも参加させていただき、素敵な体験をしました。
いつもながら、この美しさに惚れ惚れするのです。
ヤントラ  真実は一つ (統一/合一された)宇宙法則 構造に合った 聖なる幾何学模様とされるこの形は 祈りの目的によって様々で、僧侶が描いていきます。
聖なるインド数学 コスモロジーの象徴でもあります。
時空 空間を超えた 全宇宙エネルギーで生命体 有機物 無機物のすべての霊魂の中に存在する無限のエネルギーを表しています。
 
お祈りの灯籠もギーの油で火を付けます。
インドでは牛は神様なので、聖なる油として扱います。ギーの油で灯す火は目に良いとされるので、トラータカ瞑想にもギーの油を使います。 (トラータカ瞑想とはギーランプを見つめて目を瞬きせず、じっと見つめて集中させるのです。) 
中心にある大きな火を奉るのは 薪とカウダン(牛の糞でできた燃料)とギー どれも神聖な物を扱います。
ジャスミン等神聖な意味のある花、ローズウォーター、ターメリック、ビブーティー(灰)、サンダルウッド、ココナッツ、などなど
クラスの全員が清まり、適正な知識を習得するため、障害を乗り越え、安全に平和な環境で勉強ができる様に僧侶と私達ががマントラを唱えながら 祈ります。
まず、最初はスワミから始まり、
次々と生徒さん達が、ここに一人ずつ順番に座り、祈祷してもらえるのです。
この行事もとても集中力必要で、そして集中力も蓄えられる様な感じがします。
本場ヨガの習慣に参加出来る事は、幸せです。
神様の前で祈る事は、日本人には 神社へ祈祷に行く習慣があるので、とても親しみやすい物ですが、西洋人の生徒さんからすれば、東洋の神秘については、全てが初めてという感じで、座禅を組み、祈り続ける事に、慣れてない表情を観たりします。
ここで 東洋人との差がはっきり観て取る様に解ります。。。
肌で感じる東洋のスピリチュアル性 
東洋人は、そう言った面でその感覚は優れていると思います。
東洋人に生まれて良かったと、こういう時に感じます。
この儀式が終わると、あっという間に普通の授業が始まります。
この日は妊婦のティーチングクラスがありました。
男も女もクッション入れて妊婦姿に変身です。妊婦初体験の方はとても楽しそうな顔です。
 
健康下着、癒しのふんどしはヨガウェア セレクトショップ,yoga, ヨガファッション,麻, ヘンプ
| yoga ヨーガ | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
             
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/179
トラックバック