CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Padmin story
泥、汚れた水の中からしっかりと根をおろしながら、美しく清らかな花が咲く蓮。蓮根は泥の中から出て来るのに、まったく汚れに染まっていません。葉も茎も泥はついていません。 蓮根、種子からも繁殖する力、生命力の強いエネルギーを持ち、葉が水を弾くことをロータス効果とも言いますが、つまり とらわれることが無いという事です。 泥水を迷いの世界、私達の日常社会の喩え、その中に心理を悟られ、正しい生き方を人々に伝えたお釈迦様を蓮の花に喩えています。 この意味は、今 自分の居る世界、立場から逃げ出して別の所に理想を求めるのではなく、今居る世界で精一杯輝く人間になる事を教えている様ですね。 『世界蓮』のお話ですが、インド最高神のひとりヴィシュヌは原初の水の中で大蛇を寝台として眠っていたそうです。四千ユガ宇宙世紀の眠りの後、彼は創造の志を起こしました。その意欲は蓮の型(世界蓮=カーロ.パドマ)をとって彼の臍から成長し、花が開花すると、そこにブラフマー(梵天=ぼんてん)が生じ花の台(うてな)に座して天地万物を造化しました。 蓮は生命発生の母胎と観られ、その観念はヒンドゥ教に反映されています。 古代インド ヒンドゥ教の神話では 『聖なる義務を成し遂げる者は罪に迷わない。あたかも蓮の葉に水が触れぬかごとく』 『泥沼から生え、気高く咲く花、まっすぐ大きく広がり水を弾くリンとした葉の姿』 世の欲にまみれず清らかに生きる事の象徴の様に、極楽浄土の象徴とされています。 インドラの楽園はサンスクリット語でnandana (ナンダナ)といって、歓喜極まる最高の喜びのステージをananda(アーナンダ)と表現します。 仏教『阿弥陀経』の中で浄土の様子でこう述べられています。 妙なる音楽、美しい鳥が飛び、天からは花びらが舞い、池には蓮が咲き誇っています。 その蓮の様子を『青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光』と記されています。 浄土の世界では青い蓮は青いままに輝き、黄色い蓮は黄色のままに輝き............. 違うままにそれぞれが美しく輝いています。 その輝きにおいて等しく尊いのです。人間はそれぞれ違います。外見も能力も...しかし同じ人間としての差は無く、等しく尊い存在です。 違ったままで相手を認めるとはどういう事でしょうか? 我々人間は完全無欠の人はいません。そもそも出来る事と出来ない事があるのが人間のありようで、出来る得意な能力や、個性を発揮する事こそ、命を活用するという事です。 『生きる』ことを通して、出来ない事を補い出来る事によって欠けている能力を満たしてくれるのが、縁の絆に支えられている人間のあるべき姿ではないかと思います。 『みんな違ってみんないい』 それぞれの個性が光り、お互いに輝いて生きて行ける事は素晴らしいですね★                                                    どちらかをクリック↓↓ 宜しくお願いします〜♥ にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村                                                 
ブログ王の投票リンクです〜。 クリック!宜しくお願いします!↓↓ 
ランキングはこちらをクリック!


総合サイトにもショップ登録しました〜!!
  Shop-Bell   ヨガ用品・ヨガウェア

エスニック系人気ランキング

エスニック系
かわいい下着人気ランキング

かわいい下着
美容・健康   Shop-Bell  
<< インド人のヨガクラス(ケララ州カヌール) | main | ケララ カヌール市 孤児院への寄付 >>
焼きパロタ(ポロタ)
インドカレーにはチャパティーかライスかナンかパロタが必ずついてきますが、今回ご紹介するのは日本じゃあまり知られていない、パロタ(ポロタ)です。
地方によって多少の発音が違うらしいです。
普段私は焼くより揚げています。その方が簡単に美味しく食べれるからです。

焼くとこんな感じに仕上がります。私のカラリの師匠はパロタ作りの名人です!
こんなにふっくり焼くために、また修行に行かなければなりません。

火山の様に山盛りの粉の真ん中にぬるま湯を入れながら手でこねて行きます

パンの様に耳たぶの柔らかさになったら、しばらく置いて、今度は生地をココナッツオイルで延ばしていきます。
まるでピザ職人の様に廻してテーブルにパチンと叩く様にして置くと薄くて伸びた生地に仕上がって行くのです。凄い技です。
私も試したけど、こんなにダイナミックに出来なかった。かろうじてちょっと薄くなった感じです。
そして薄くなった生地にオイルを少し付けて今度は紐状にネジリながらロールケーキの様にクルクル丸めて行きます。
この時点で、もう上手そうですね。
そして、綿棒で延ばして
こんがり焼きます。
焼いて終わりかと思ったら、、、、違うんです。

焼き上がって直ぐ、両手でパロタをほぐす様に型をちょっと崩しています。
この方が口当たりが良いらしい。

こだわりのパロタですね!







健康下着、癒しのふんどしはヨガウェア セレクトショップ,yoga, ヨガファッション,麻, ヘンプ
| cooking | 20:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
私も再度読んでると、すごく食べたくなりました。(笑)(^0^)〜〜
| kayo | 2014/04/24 11:41 PM |
私は半年程インド南部のケララ州に仕事で行ってましたが、そこで食べたポロッタが本当に美味しくて(*^^*)
なかなか日本では食べられないので懐かしくしょうがないです(((・・;)
今度このページを参考に作ってみたいと思います(*^^*)
| たなとも | 2014/04/24 9:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://padmin-ananda.jugem.jp/trackback/135
トラックバック