CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Padmin story
泥、汚れた水の中からしっかりと根をおろしながら、美しく清らかな花が咲く蓮。蓮根は泥の中から出て来るのに、まったく汚れに染まっていません。葉も茎も泥はついていません。 蓮根、種子からも繁殖する力、生命力の強いエネルギーを持ち、葉が水を弾くことをロータス効果とも言いますが、つまり とらわれることが無いという事です。 泥水を迷いの世界、私達の日常社会の喩え、その中に心理を悟られ、正しい生き方を人々に伝えたお釈迦様を蓮の花に喩えています。 この意味は、今 自分の居る世界、立場から逃げ出して別の所に理想を求めるのではなく、今居る世界で精一杯輝く人間になる事を教えている様ですね。 『世界蓮』のお話ですが、インド最高神のひとりヴィシュヌは原初の水の中で大蛇を寝台として眠っていたそうです。四千ユガ宇宙世紀の眠りの後、彼は創造の志を起こしました。その意欲は蓮の型(世界蓮=カーロ.パドマ)をとって彼の臍から成長し、花が開花すると、そこにブラフマー(梵天=ぼんてん)が生じ花の台(うてな)に座して天地万物を造化しました。 蓮は生命発生の母胎と観られ、その観念はヒンドゥ教に反映されています。 古代インド ヒンドゥ教の神話では 『聖なる義務を成し遂げる者は罪に迷わない。あたかも蓮の葉に水が触れぬかごとく』 『泥沼から生え、気高く咲く花、まっすぐ大きく広がり水を弾くリンとした葉の姿』 世の欲にまみれず清らかに生きる事の象徴の様に、極楽浄土の象徴とされています。 インドラの楽園はサンスクリット語でnandana (ナンダナ)といって、歓喜極まる最高の喜びのステージをananda(アーナンダ)と表現します。 仏教『阿弥陀経』の中で浄土の様子でこう述べられています。 妙なる音楽、美しい鳥が飛び、天からは花びらが舞い、池には蓮が咲き誇っています。 その蓮の様子を『青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光』と記されています。 浄土の世界では青い蓮は青いままに輝き、黄色い蓮は黄色のままに輝き............. 違うままにそれぞれが美しく輝いています。 その輝きにおいて等しく尊いのです。人間はそれぞれ違います。外見も能力も...しかし同じ人間としての差は無く、等しく尊い存在です。 違ったままで相手を認めるとはどういう事でしょうか? 我々人間は完全無欠の人はいません。そもそも出来る事と出来ない事があるのが人間のありようで、出来る得意な能力や、個性を発揮する事こそ、命を活用するという事です。 『生きる』ことを通して、出来ない事を補い出来る事によって欠けている能力を満たしてくれるのが、縁の絆に支えられている人間のあるべき姿ではないかと思います。 『みんな違ってみんないい』 それぞれの個性が光り、お互いに輝いて生きて行ける事は素晴らしいですね★                                                    どちらかをクリック↓↓ 宜しくお願いします〜♥ にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村                                                 
ブログ王の投票リンクです〜。 クリック!宜しくお願いします!↓↓ 
ランキングはこちらをクリック!


総合サイトにもショップ登録しました〜!!
  Shop-Bell   ヨガ用品・ヨガウェア

エスニック系人気ランキング

エスニック系
かわいい下着人気ランキング

かわいい下着
美容・健康   Shop-Bell  
日本でサトヴィックな島

 

 

日本で一番サトヴィックな島

屋久島



20年近く前から 何度も足を運んだこの島に 

やっと自分の日本の居場所を見つけることが出来ました。

思い続けて やっとです。20年遠回りしながら来ました。

でも私にはベストタイミングだったに違いありません。

パッと来て すぐ移住できる人もいますが、 

ここは神聖な島すぎて 昔はもっとワイルドで不便な島でもあったし

 私にとっては 覚悟決めないと来れませんでしたね。

それだけ 

この地を大事に想ってるから 屋久島の神様が 呼んでくれたのかな?
ちゃんと自分を大切に扱おうと沢山の気付きがおりて来た時、

私の求めていた場所が用意されていたのでした(^ν^)。


住んで観ると やはり 観光の視点とは全く違う 視野が広がりますね。

やはり自然との共存です! 前は雨が好きではなかったのに、今は屋久島の雨が恋しいと思うことがよくあります。
(年の半分以上はアメリカ生活なので)

厳しい環境の暮らしでも明るく暮らす人達が 沢山いる島でもあります。 

出会いと愛で繋がる感じが
屋久島 暮らしならではだと思います。

心をオープンできる方が多く住んでいらして お友達も沢山出来ました。 

30-40代の若者の移住者が増えてる事
放射能の被曝を気にされているお子様をお持ちのご家族が

移住のきっかけになったと沢山の移住者がおっしゃっておりました。

 

 

海域も面白い、、、
黒潮も日本海海流も合流する海域ですから 

攪拌力も 日本で一番ではないでしょうか、

ゆえに 浄化力が強くて早い 場所なんだと思います。

 

アーユルヴェーダのダンヴァンタリ神も

ミルクの大海のチューニング(撹拌)で

創造されたというストーリーをご存知でしょうか?

またいつかご説明したいと思います。

 

例えばミルクをヨーグルト状にし撹拌したら

バターとバターミルクが分離します。

そこから

プロセスが有ります。

其のバターを薪の火と銅の鍋でゆっくりと煮ると

純粋な薬と言われるギーが出来上がります。

 

それぐらいギーはアーユルヴェーダには欠かせない薬なのです。

 

撹拌というのは 創造するエネルギーの力です。

 

そんな風にグルグルと海流が廻る中に

丸い小さな島が存在しています。

 

北の日本海から、太平洋から両方の特殊な魚やクジラがやって来ます。

ウミガメもイルカも来ますよ。

二つの交差点なので ダイバー達にも最高のスポットだと言います。 

山が守られている島なので、沖縄の様な ゴルフ場やリゾート開発が異常に建てられないからラッキーです。

だから、水が汚されないという利点が有ります。

海も川もキラキラとした透明な水です。

 

リゾート開発で20年前にはもう沖縄の珊瑚がかなり減ってしまった様ですが、

屋久島は生きた珊瑚がたくさん残っています。

ですのでトロピカルフィッシュもシュノーケルで泳ぎながら沢山観る事ができます。 

そして 天然温泉も質が高いですね。



海も川も山も水によって全てが溶け合って浄化する 様な地です。
そんな環境の地で暮らしたら 

自然の一部でもある人間の体の水も 溶け出して溢れて来ちゃいますね。

涙の様に、、、

屋久島の雨は 虹と雨の美しさと風とのコンビでの

とてつもないシャワーレインの威力
ダイナミックな エネルギー!
時には優雅に
時には荒々しく
いつもいつも
全ての偉大な自然の局面を描き出してくれます。


一瞬一瞬が 本当に愛おしく感じられる時があるのです!
 

おかげさまで
瞑想三昧な日々を過ごせます^ - ^

悲しくもないのに
美しい自然を眺めてるだけで
勝手に涙が出て来るんです。

これぞ本当の
やくしまデトックス


ユネスコ世界遺産として登録された島。 

登録された事で、森は大切に守られる様になりました。

最古の屋久杉も伐採されることは無いそうです。 

隣の火山島 口永良部島等周りの火山活動と地殻変動の繰り返しによって岩が突起し、

やく島が出来たと言われています。 

屋久島には 大昔から伝わる益救(ヤク)神社が存在しています。 

”益救島”(やくしま)ますます救う島と言われる程で、

古代から湧き水と森が清浄な状態で保たれ、高いエネルギー波動を持つ、

サトヴィックな島でもあります。


薬草の宝庫でもあり、日本のブラフミー(ツボクサ)が私の庭にも自生しています。
海側はトロピカルな亜熱帯植物、

山手側は標高が高いため 地杉 屋久杉、高山にみられる植物といった 

大変幅広い種類が点在しています。 

北海道と変わらない程高い標高で、真冬は山頂に、雪が降る事もあります。

そして、屋久島にしかみられない動物、昆虫、植物をみる事ができます。
世界中から様々な分野の学者達が、自然調査に訪れる程 

大変珍しく貴重な島でもあるのです。


今 屋久杉 と名前で売られている木 ですが 注意してもらいたいのは 樹齢1000年以上の木 の事を

屋久杉と認定されるので すって
例えば999歳の屋久島の木は屋久杉とは言われないのかと 疑問なのですが、
実際に 屋久杉と言われて販売されてるのが 本当かどうか判断出来ません。

作った人を信頼するしかないんでしょうね。
1000年以下は
屋久島の地杉 と言われており
この地杉は木の香りが素晴らしく癒されるのです。


実は うちのコテージも全部地杉が使われており ゲスト全員から 素晴らしい香りで

とてもリラックス出来たと お褒めをいただいております。


この地杉は 岩の多いこの島の厳しい環境で育つため

根も幹も 強く硬くないと生きていけません。

土の成分が少ない岩の周りで育つ杉は 硬くて質の高い木に成長するそうです。
なので 本州の杉より硬くて香りも高いと 評判の木材です。


まるで人間もそうですが 甘やかされず育つ子は 我慢強く、

大人になっても苦難も軽く乗り越えることができると言われます。

きっと自然の厳しさと似ている様ですね。

 

はるか大昔からやくしまは くすりの島とも言われたそうです。

古代から ガジュツ(紫ウコン)が存在し、

此の島のガジュツは胃健の万能胃薬の生薬として製造所があります。

本州へ献上されていた程 質の高い物だそうです。

私も飲んでみました。

これまた素晴らしい効き目!

 

春ウコンも秋ウコンも紫ウコンも 

屋久島では良く育ちます。

ブラフミーの薬草も冬でも自生していて採れます。 

我が家でも今年からガジュツを植えてみました。

また今度写真をアップしたいと思います。

 

私は 屋久島は 本当は 薬島 といってもおかしくない! 

質の高い薬草だらけの島と思うのです。

だって水がすごく岩だらけの地下で浄化されていて 

水質純度が高いという事は 

薬草の質だってはんぱじゃない!と思っています。

 

 

屋久島の地元の人々からは、

龍神が宿る浄化の地と言われています。

手付かずの自然がそのまま残ってる日本のこの森は、

世界中の人々にも注目される様になりました。

外国人の来島も年々と増加しています。

神秘的でエネルギーに満ちた島

サトヴィックな島へ

ようこそ薬島
どうぞお越しください。

 

 

 

屋久島 ヨガ&アーユルヴェーダ リトリート

のご案内はこちら↓11月末スタート 

 

https://www.yakushimaretreat.com/retreat-schedule/

 

 

 

 

 

| 屋久島 | 12:01 | comments(0) | - | pookmark |
屋久島の水晶

屋久島は大昔 林業が盛んでしたが、殆どの皆さんはそれは知ってると思います。

 

だって、森、屋久島杉は 有名ですものね。世界遺産登録になってからです。若い人もここを知る様になったのは、、、

 

20年前は どの人に屋久島の存在を話しても、”どこ?へーそんな所があったの? 凄い遠いよねー。。。”で話しがスルーになるほど皆 屋久島に興味がなさそうでしたよ。

 

それが、今や ななな なーんか とっても人気な島になりつつある。

 

昔は鉱山も色々在って、 現在は閉鎖になっておりますが、

 

お忍びで ちょっくら 岩に張り付いてる水晶を観に行って来ました。

 

 

 

島の人は 何処に有るのか 教えたがりません。ある所には 鉄分の強い水晶もあるとか

 

森も気持ちいけど、鉱山も気持ちよすぎー! 癒されますぅー

住んでいても 新発見がいっぱい の屋久島です。私は年に数回しか居れませんので、毎回行くとこ行くとこ

わーーーーーーわーーーーーー

 

ですよ。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

| 屋久島 | 17:55 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |