ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
再び アメリカ生活 へ 自給自足

ナマステ〜〜

Kayoko Thomasです。^_^しばらくぶりの更新。 さてさて インド ネパールの旅のお話は 今度ゆっくりと更新します。

屋久島では 仕事が超ハードスケジュールだったので
こちらも また 時間がある時に素敵な写真も投稿したいです。

今は五ヶ月ぶりのアメリカへ戻り
時差ボケも だいぶ 落ち着いた頃です。

主人と私は 年々 この時差ボケ調整に悩まされております。
気候も風土もアジアと真逆 時間もほぼ真逆
慣れるまで 三週間もかかりました。

こちらはやっと 桜が満開の時期です。
関東と一ヶ月ぐらいズレがあるかなぁ、、、


新月と言う節目の日なので
今日は 春のナチュラルライフの始まりの気分で書こうかな。
今年も春から 芽が出てくるかの様に こちらの生活がスタートしました。
帰ってすぐ 色んな事が起こったが
三週間 デトックスの様に 疲れを癒した後
友人の第一子、純粋な天使ちゃんとの出会いに心温まり、週末から畑仕事もスタートしたよ。



去年に仕込んでおいた コンポースト 土作りをせっせと始め
土に触れ 腐葉土や オーガニックの肥料を調合していくうちに 五感が目覚めていくのをおぼえた。
土や植物との交信が楽しい。
そして恩恵をいただき 自然に感謝を込める。
体験者にしか これはきっと分からないだろうが、自然界からのメッセージをいただく事がある。

自然サイクルの中で五大元素の役割と、実践してきた私の体の機能について 「あっこれか!」と目覚める様に
私の体は あの、この、その、「土」そのものである と、毎回 また 一つの智慧が蘇ってきた感覚を得る。

この限定される体が求める欲するものとは この触れている土も 同じものを 同じ時に欲する 事を 知る。
限定されない無限の本質についても 同じ事が言えるだろう。

毎朝 白湯を飲む習慣となれば 頭で考えなくても 身体は勝手に飲むという行為へ動いている。
身体に溜まった 気体個体液体の毒を洗い流し
身体は潤い 排泄もスムーズで 身体の調子は良くなる。
植物達は、自然にそれが 出来ている事を教えてくれる。
人に白湯を与える様に 朝の水やりが 成長するためには 一番効果的な事が 分かるし
通気性や 熱性を考慮しながら根を保護し、
土の湿気を 保持するためには どんな土質と香りが必要かまで 毎年 畑仕事の回数が増えれば 少しずつ 理解が増えてきている 。

植物は 子育てにも そっくり似ているところがあるね。
私自身 お見本になれない親だけど、共感するところはある。
過保護に育てると 弱くなり 実りも少なく
適当に 放置して 必要な時に手助けする程度に育てると 実りも大きい事がよくある。

その植物の特徴を観察するのも 面白い。
どの子も個性が違う が 祈れば祈るほど それぞれに違う時期に違う形で成長する。

自然は最高の師

自然を感じながら生活できる事がどれだけ有り難いか 計り知れないです。
自然から学ぶ事は 深く全感覚が目覚めていく。
もし体が無くなっても本質は消える事は無く 超越するところに「在る 」事を認識せざるおえない。


輪廻転生は私の中では当然と思っていて、 原因と結果の中に自身が現れるなら 少しでも行いについて清めて いかないと なー
(私がもし死んだら 身も心も自然に還りたいと 思うほど この地上の再生に役に立ちたいとか ふと考えていた時があった) 笑笑
あれもこれもカルマ (行為) 原因と結果に縛られながら 生死を体験する。
何度も何度も それを繰り返して 私の本質が 幸せとは何かを 追い求めていく。

自然は偉大だなぁ と 畑の中で 瞑想する様に
ひとり時間を楽しんでいる私。
植物との 調和と一体感がそこに在る。
土は 私の身体
種は原因
実りは結果

収穫して食べて 糞になって 再生する でしょ。
自然世界の成り立ちでどの行程の中にも ありがたい事に、破壊 創造 維持のエネルギーが きちんと稼働してくれている。
私達の細胞の一つ一つの中にもです。
なんてミラクルなんでしょうね〜^_^

今日は 畑から戻ったら 三時間
ぐらい 経ってることに 驚いたりする。 ふと 片付けしている際中 何年か前にインドで手に入れた
スワミ ダヤナンダサラッスワティの ミニ本が現れ
必然的に 現われた事に
今の私に この時こそ しっくりと来る 納得出来る 知識の内容だ。
このマントラを長年唱えてる事があっても
再度読み直すと 人生のステージによって色々な角度で感じる事 見直す事が あるもんだな〜と想います。
なんでも初心に戻るって良いものですね〜!

あれも これも 全ては完全で そこから引いても足しても
完全なるものは一つでしかなく
永遠に完全であり続ける。

Om Purmamadah Purnamidam purnat
Purnamudacyate
Purnasya Purnamadaya
Purnamevavasisyate


Completeness is that
Completeness is this
From completeness ,completeness comes forth
Completeness from completeness taken away
Completeness to completeness added
Completeness alone remains




ところで
今日は家の周りにタンポポのツボミを葉を摘み エネルギッシュな栄養をいただいたよ。
花が咲く直前は 葉も柔らかいし、 エネルギーをとても蓄えてる時期なので とても 元気をいただけるのです。
人間に例えるなら
元気一杯の思春期時期でしょうか?
たんぽぽの ちょっとの苦味
春の蓄積した粘液を溶かすのには最高の薬草です。私は サラダに入れたり します。 (少しで十分)
オリーブオイルにタンポポのツボミを漬けて おこうと思います。手作りドレッシング等 料理に大活躍ですよ。 根っこ は炒って お茶にしよう。 利尿作用もあるし !




今日は
暖炉に火をおこすための 大きな乾燥したパインコーン (松の実 ) を拾いにいきました。
硬くて乾燥して 断面がたくさんあるので 簡単に火がついてくれます。
種だから 中にギューっと油も含まれてるんです。
松の木は 新芽が出る前に 一冬くっつけていた実を
高いところで乾燥させて 春に落として 行くのです。
太陽の火の力を借りて 空 風 と調和して 乾燥させる 木のタイミングで種を落とし 地 水と調和して 再生のエネルギーを作り出す。
そんな自然サイクルの生命の力に敬意を払いながら
生活の道具として利用させてもらう。
薪 に火を移す前にゆっくり細く長く火を燃え続ける技を 身に付ける事
これは 消化のメカニズムと全く同じです。

軽性 (苦味 渋味 ) 熱性(辛味 塩味 酸味) 油性 (甘味)
そして 十分な 酸素 水素



油もリキッド というカテゴリーに入ります。他の表現では流動的 というのでしょうか、、、 これらがないと 簡単に 火がつきません。

宇宙の成り立ち の 調和があって
生活の一部にも同じ様に
自然に起こる事とその存在の恩恵を頂いてるのですね。
教科書では学べない 生活の智慧がここにあります。
珍しく 長くなりましたが、、、
明日も種まきをしよう!
おやすみなさーい?
良い1日を!
love




インドのアーユルヴェーダ病院で学べるチャンス!
オンライン日本語で基礎学習をし
インド ケララ州 カヌールへ学びに行く
アーユルヴェーダスタディプログラム!

^_^生徒募集中^_^

https://www.padminayurveda.com/study-program/

| アメリカ生活 | 17:50 | comments(0) | - | pookmark |
ヌメロロジーの診断を受けてみました

 



最近
思ってる様に行動が前に進まぬ と感じることもあったり

いや待てよ、

今までやってきた事が早過ぎで 自分自身吟味していないのか?


いろんな思考は行ったり来たり 自分の腰が重い感
のこのタイミングで 友人のきょうこさんのトライアル診断を受けてみることにした。



自分がカウンセリングする事はあっても
人からしてもらう事は
五年前のジョーティッシュ占星術以来だった様な気がする。



占星術チャートには 自分は 友達は多い方だが
実際の本当の私 について勘違いされたり、
付き合う中で 頼りにされると どんな人にも お世話のし過ぎで
ずる賢い人に利用されやすいと チャート出ている。

全く その通りで



都会の企業組織とかに
よく 聞く話です。 優秀な人を押しのけて 自分の昇進のために先回りして 全くありもしない噂を上司に告げ口とかして ずる賢い事する人って よく聞くでしょう?
多分子供の世界にも学校とかで そういう出来事もあるのでは無いでしょうか?
そういうタイプな人から
過去にも嫌な 思い出もあります。


戻って来てと頼まれても 頼まれなくても 信頼性を失えば
離れるのは 当然の事です。
それが 自身の幸せ時間が守られるのですから。

私の大好きな先輩も
ある組織で そういう事に巻き込まれているし、インドのカリスマヨギーも 組織の中で やってもいない疑われる物語を鵜呑みにした人達が 、誠実な人を追放までしてしまうのです。

真実が 後で分かり 戻ってこいと言われても そんな組織に
戻りたいとは思いませんよね。

そういうジェラシー な世界が まだまだ多い中
色んな苦境に立たされる 誠実ある人達は 自分自身の在り方を 再確認すれば良いのです。 いくら 追い詰められて嫌な思い出があったとしても 誠実という自分を守る武器は どんな脅迫や脅し 嫌がらせにも ビクともしません。
どう人から見られろうとも 間違っていないと思う行いとその意識と 真実を観る誠実さを保つ事は
自分が強く居られる 盾 として 持ち続けられるのです。
ジェラシー や ヘイトや怨みなどは
は その様な盾を持つことが出来ない 恐れを持つ人ですね。


まずは 自分が 誰にどう思われても平然とできる 強さと 清浄な心 です。
格上げ 格下げ 私にとっては どっちでも良いですが

常に 周りの関わる人とは
信頼性を築ける 人間関係 を向上していきたいと思って居ます。 実は

若い頃 中年時期に 時々 海外生活が多かったので ダイレクトに表現しないと生きていけない環境に 慣れてしまったおかげで
日本人特有の 遠回しに表現する技が身についてないのですね。
第一印象 はっきり物事を表現する私について
人はドキドキするんでしょうか?

私ごとで大変失礼しました。。。







最近は 皆んながブログを書いてる中
見せかけ的な
いわゆる お化粧したブログが多いなと感じませんか?

日本人だからでしょうか?
本音とか 本当のところは 公表出来ない
すっぴんで 自分をさらけ出せない!
という方もいらっしゃると思います。


いったい この人は 本当のこと言ってるの?それとも誤魔化し多い?

本人に会ってもいないのに どうやったら 表面的なのか 深い人か見分けられる?

会ってみて しばらくお付き合いしないと言ってることや やってる事が本当なのかどうか なんて 分かりません。
一番簡単な見分け方

はまず 気になったら 話ができる機会を自分から作ることです。

私の様に 毎日スッピン顔で生活してる人は 正直に生きています。
馬鹿正直過ぎて
損してるかもー笑


無口な人に変身するぞ! なんてね〜
本当にすっぴんかは 会いに来るのが一番ですね。
うーん男性は
化粧しないからな

そうね 男性なら 私は 大自然の暮らしを楽しんで 生活している男性は 正直な人多いかな

ってうちの旦那様 なんですけど、、、

まー どれもこれも
私の経験と価値観で色付けされてるから

結局 なんにも参考にならないかもしれないけど!


愚痴になっちゃうのは 良くないですが
ストークだったり スパイだったり情報を盗んだりとか 色々と人間のエゴは尽きないですね。

おそらく
その裏にはジェラシーとかもあるんだと思うのですが、
盗みは スティア 禁盗はアスティア 繊細な私は ヨギーの理論を読んで
人を利用して得を得ようとする行為も意識もヒムサ-(暴力)の部類になると 言われており 、 又 モラル外とする 例えば 不倫とか最終的に 他の人を傷つける行為も その部類かと思いますね。
実際に経験されるならば その様な人間関係の輪には 近寄らない事が望ましい。とされるのである。

ちなみに アヒム(ン)サーという言葉が暴力禁止と言う意味

アが付くとNoへと意味が変わります。
私も 人間だし
ネガティヴもポジティブも両方持ち合わせております。
インストラクターやってますって言うのが 正直ちょっと嫌になってきた。と思う時だってありますよ。

先生の上の上はたくさんいらっしゃって
比べちゃいかんけど まだまだ未熟な部分が 自分だからいっぱい見えるし、、、
先生と呼ばれると くすぐったい気持ちになるんですよね。

基本 真面目過ぎて 正統派な意見を言い過ぎたり 相手に 同調させたりしがち。
きっとそこは 自分をつまんなくさせてる部分でもあるかな。

真面目すぎる事で
モラルから外れる事する人
にすごーく敏感なんですよね。


じゃあ真面目過ぎない方が良いのかと言うと それはきっと自分では無くなるし
自分らしさを 上手く引き出したいと思うのは 皆んな望んでる事


再確認したばかりですが
そのコツを引き出すアイデアを 沢山持っていらっしゃる
きょうこさんに 出会えて
良かったなと思うのです。 一つの目的を
始めるのも 続けるのも 本当に 努力のいる事です。
次の段階は いつでもやってきて 何かにぶつかったり 抵抗があったりと
その度に ステップアップするステージが見えて来るんだが
モチベーションとの自分自身との闘い。

着飾らない自分であり続けるのをモットーに 生きてるつもりでも
でも 知らず知らずに 着飾って居ませんか?って自分に聞いてみる
大丈夫?

私は私で いられますか?
大きく言っちゃうと この地球上で どれぐらいの スパンで 義務を果たして生きていけるんだろうか?
とか

自分が50過ぎて生きてるのが信じられない
一度ぐらいは 死にたいと思った事も あるしね。 波乱万丈な人生体験で
昔色んな嫌な体験も良い体験もひっくるめて 人との接し方に ちょっと 一歩下がって "この人は大丈夫?私自身が信頼できるかな?" みたいな 過度に慎重で弱気な私になっている事も知っているし???

でもきっと外からは そんな人には観えてない事も知っています。

逆に観えてる人には 花マルをプレゼントするから
私にこっそり教えてくださいね。



アメリカで畑仕事と他の仕事をしながら

生きている事に この全ての物質世界に感謝だわ。と 思えるステージに なった訳で 果たしてなかった何かを 果たすために


きょうこさんの
アドバイスは
めっちゃ
しみるほど
ジワジワーっと効いて来る感じです。


自分の事
暴露するの
恥ずかしいですが

凄く納得できちゃうので

公表しちゃいます。
私を知ってる人 は笑っちゃうかもですよ。

ヌメロロジー チャート は
私の誕生日と名前から数字に変換して分析します。

私のタイプは


特別な才能を持つ 独自な 一匹オオカミ 変わり者タイプ


好奇心旺盛
ありきたりな生き方は嫌
思いつくままの行動実践でも考えも変わる。
建設的な自由を選択し
極端な質を持ち合わせ それを理解しながら癒す タイプ。

皆んなの親的になりアドバイス好き だが
お世話し過ぎて トラブルに巻き込まれるタイプ


奥深い所にひそむ 本当の感情に自分が気づいていない 事もあり 人にも 言わなくてもそこのところを分かってよ〜 と思ってしまいがち。



真面目すぎるは
どーやら ウィークポイントですね。

真面目が裏目に出てしまって 逆効果になる事多しです。


実は変化を好まない


などなど


全くもって極端な部分いっぱいあるので
困りますよ。
ほーんとに
この分析すご過ぎます。

精神向上するには
まず己を知り
見たくない自分を直視して
自己を認める事から
始まりますよ。

全て 良い方向へ向かうには

苦手とか嫌いとか そういう部分を楽で無影響に向かえる意識へとエネルギーを変えていく事が 出来ると思います。


もちろん
そこには
モチベーションも大事な事なんですが

出来た

と思える様になるまで

自分も大きな課題が沢山あります。

三重花◉の
きょうこさん
有り難うございます。^_^


ご興味のある方
是非とも
彼女のブログを覗いて見てくださいね!^_^



Om Shanti

 

| アメリカ生活 | 21:22 | comments(0) | - | pookmark |
アメリカ生活の家庭菜園




春から育てたオーガニック菜園のお披露目会!
今年の土作りは 今までと 違い
ヨーガの生徒さん フランチェスカに 色々と教えていただき 実りの多い年となりました。
沢山の友人の声と旦那様の手作りグリーンハウスのおかげ!

森の中の生活は
木が高いので日照時間が短いの。だからグリーンハウスの存在はありがたい。夏の暑い時は 空気循環器で 熱風を外に出す事も大事。 電気代もかかっちゃうけどね〜、、、
みんなの愛が沢山つまったお野菜を 感謝しながら作って食べるって 本当に幸せなんですよ。

感謝の 日々を シェアして 人々や遠く離れた愛する方達に 私の想いが伝わりますように!

Shanti

| アメリカ生活 | 00:10 | comments(0) | - | pookmark |
旦那様が 日常の変な英語で楽しむ姿が、、、私の喜びである。

マザーコンプレックスを癒す一つの道具でもあるに違いない、私のとっさに出る楽しい英語集をはずかしげもなく公表します。

まー此のおかげで、旦那様と喧嘩にならない 事多し、

これ、英語の解る人じゃないと たぶん

ブッ と笑いないのかもしれないけどね。

 

お茶目なふりして、旦那さんに可愛がってもらいましょう! はい

 

大抵、アメリカ人は OMGとか驚きの表現を 話しの間におおげさに 表現しますね。

まー日本人だったら、

まじー、、、とか うっそー、、、とか 驚きの表現

じゃぁ

修正不可能で困った状況とか、どうしようもないけど何とかならんのか?と思う ビックリな表現

がある。 

結婚前は 今よりもぜんぜん発音からして英語力が駄目であったころ、

昔私は難しい事や混乱して英語で説明出来ない イライラ感とか良くあって、感情的になってしまったので、彼に 何でも良いから、言いたいが為に 旦那に無意識に出た言葉が これ!  って、もったいぶってるけどね。

今も夫婦内で楽しく使わせてもらってるのだ。もう6年も使い続けてるから、周りの友達も知っていて、長年楽しませてる言葉があるんです。

初めてあった人にも いきなり私が言うと 大笑いなので、ギャクとして笑いの場にさせてもらってるのです。

笑いのある場所は 本当に福がやってくるよ。

 

皆さんも使ってみてね!国際結婚の仲直り法 其の1です。 

 

"Jesus CRISIS !!"

 

★牧師さんには言えない言葉ですので、要注意です。

以前に 旦那様が 牧師さんと会話することがあって、 なんで あのギャグ使わなかったの?と聞きましたところ、此の僕にもそれは勇気がないよ! ということでした。

そうです、怒られたら大変ですよね!(ジーザスさんごめんなさい。大好きです。)

 

其の2も乞うご期待!

 

 

 

| アメリカ生活 | 14:58 | comments(0) | - | pookmark |
近所のアルパカ

アメリカの田舎に住んでると、ほのぼのとした光景を楽しめる事が私の唯一の楽しみであります。

 

この日常の夏の光景は 家から車で五分もかからない所にあります。

柵の中には入れませんが、、、

 

とっても 可愛い表情のアルパカちゃん

プードルの様な羊の様な 愛嬌あり過ぎです。

 

年に 何回丸裸にされるんでしょうか?

糸を紡いで毛糸にして、と産業の為に飼われておられるのだが、、、

 

彼らは凄く静かな動物で 鳴き声もきこえず、ただただ草を食べてまいす。

 

日本では ちょっとお目見え出来ない動物が こちらはチラホラおります。

森の中は野生の動物達も沢山です。オオカミやコヨーテもまだお会い出来てませんが、居るそうです。 もちろん熊も!

 

四年前の夏は 20年ぶり と 旦那はおっしゃっていましたが、、、 我が家に熊が出た時、私も観てしまいました!!

4m先の木の上に居たんです!

有る人の家では 家の窓の横に立っていたとか、、、イメージするだけで心臓の鼓動がなるわい。

 

札幌近郊の熊牧場はいった事あるけど、

初めてでした、、、野生の熊があんな近くに居たのは!

母熊、小熊が居なくて良かったですよ。。。

 

しかし、こう自然の生活になれると、 鹿が庭に居ても あー居るねー、、、元気? みたいな間柄とは なりましたねー。

 

最近 野鳥さんも 窓をノックして挨拶にくるし、、、

ていうか、米粒ちょーだい! って感じです。

可愛いよね❤

あちらも、人間の気配を楽しんでる様な 感じがしてなりません。

 

PEACE

 

 

JUGEMテーマ:日常

| アメリカ生活 | 14:58 | comments(0) | - | pookmark |
山男の お仕事が 凄い!

namaste🙏💕

今回、家の真横に二本の大きな松の木があり、それが家に向かって傾いて 暴風の時は倒れる可能性が有るらしく
それを逆方向へ切って倒しての作業を専門家に頼みました。

旦那様は スペシャリストの山男さんを呼び、 どの木を切ったほうが 畑に光が入るか など いろんな角度から 木の選別をしてもらいました。

お気に入りの松の木も 切ったほうが 安全だと言われ 苦渋の選択でした。

この山男さん、普通の木こりさんじゃあないんです。
NY州で一ヶ月間森に滞在し修行を積んだらしく、 ここら辺では かなりのスペシャリスト!

凄い技術なので、皆様にもシェアしたくなりました。

写真が横になっちゃった。ごめんなさい😆😬

ロープを担いで 木に登り 上部に縛りつけ、 降りたら、傾いてる反対方向へ引っ張ります。
また あの重い チェーンソーを持って 命綱ロープで 登り始めたと思いきや、 枝を一本ずつs切り落としていくのです。

まるでパームツリー!🌴


30m以上あるのだろうかと思いますが
上部は 不安定だよね。風がない日で良かった!

想像するだけでも、ゾクゾクします。

枝を落としながら、上で木のトップをチェーンソーでバッサリ切ったのですが
その瞬間がこれ↓


おー宙に浮いているぞー
そのまま突き刺す様に穴ボッコリ 入るほど強い衝撃で地面におちたのです。
家が壊れる 大地が揺れて  ご近所まで 驚かした事でしょう。
何段階か分けて 数回 上から順に切っていくのも、 あの重いチェーンソー片手に よくやれるなと感心します。
相当鍛えてないと出来ませんよねえ。
危険なお仕事です。


木をリサイクルするため木を細かく切る作業も これまた凄い量だから
大変そうでした。
男仕事って凄いです!
女には危険だからて、近ずく事さえもNGでした。
最後の木を切った後 倒れた地面には 一本ラインの窪みが出来ていました。

これらは 一年以上 お日様の陽力で乾かして 薪になります。
このまま 火をつけても 乾燥してないので 燃えません。

逆に考えると 火を起こしたいときは ある程度乾燥させる要素が無いと難しいという事を自然から教わります。
アーユルヴェーダで重要な消化力の火アグニも 自然と全く同じ原理です。
消化力 アグニを上げるためには、湿った体質の人には まず体を乾燥させる作用のある食を摂る事も大事なのです。

こういった大事な自然の要素、原理を知るには 自然と共存した生き方を選ぶ事が
最も 大事な事も 自然から体で知る 体で体験をする 事に繋がります。
幾ら 大学に入って医者になっても、本当の意味で自然を知らない医者が多いこと!

最後に切った切り株に使う道具も初めて見ました。

この木の精霊のためにも 大事に この木を生活のために 使わせて頂きます。
感謝しかありません....
松の木さん ありがとうね〜!
山男さん ありがとう!

Hari om tat sat



 
| アメリカ生活 | 09:26 | comments(0) | - | pookmark |
朝の散歩で爽快度UP!


★Namaste★

私達は、アメリカとカナダBC州の国境の近くに住んでいます。
ここは桜が満開の春の時期になっても朝はちょっと寒い。
おかげで、目が覚めます。
森に沢山の花々が実を付け、いっきに咲く時期。
毎回、同じ散歩のルートを歩いていても、その度に色とりどりに風景が変わっていく様子を楽しんでます。
大自然の中で暮らせる事に有り難く感じる毎日です。

このルートは 前にも投稿したと思うけどね。。。
歩く度の私の視点が その時によって違って
やっぱり、散歩は良いものですね!
足腰も鍛えられるし!

車社会のこの世界で生きると、お散歩は欠かせませんね。

今回は
日本と違う新鮮な植物や風景をご紹介します。


家からしばらく歩くと 貨物列車専用のレールが あります。
カナダとアメリカを繋ぐ 商業用の貨物列車が 一日に数便通ります。

先の見えない方まで、歩きます。
此のアングルの写真は 普通は日本だったら なかなか撮影出来ないわよね。
ちょっと珍しいショットです。

線路の表面は微妙にカーブラインがあります。
器械体操の平均台の半分の幅でしょうか、、、だいぶ これを歩くのに慣れました。
タイマーで測ってないけど、 気がついたら3分間位は集中して歩いてます。
膝と肩の力を抜いて、遠い所に1点集中 しながら歩くと 長続きしますね。
集中が途切れると 脱線しますが、、、 沢山歩ける様になると、バランス感覚や体重のかけ方の均等性が出来て来た事に満足します。

地元の人がここを渡っても誰も文句をいいません。さすがアメリカの田舎です。
(でも、日本の皆さんは間違って真似をしないでくださいね。)


旦那様は 此の道を30年以上も利用してます。
私は、まだ3年ちょっと、、、
私なりに、この平均台は バランスを養う練習の場となっっています。


生け花の花材をお裾分けして頂きました。
我が家の庭にある大きな松の木が倒れたので、それらと一緒にフラワーアレンジ!


これは、線路脇にある 急斜面に生えた 野生のりんごの花。。。もうすぐ咲きそう!
秋になると実を付け、
私達も 散歩の合間に秋の収穫も楽しんでますので、切ったりせず、枝が伸びるのを楽しみにしています。



絵はがきになりそうな 美しい川の風景。
昔、住んでいた北海道を思い出します。


昔住んでいた、カナダには沢山ありました。私の大好きな マウンテンメープルです。
赤い枝と細かいギャサーの入った繊細な葉の型は いつも心を清らかにさせてくれるかの様です。

小さな苗を 此の近辺から 我が家の森にも 一本移植させてもらいました。


高校時代の体躯の授業中、平均台の上で競技練習をさせられた時を思い出します。
自由に振りを創作して、、、その頃ヨーガ なんてしてなくて、、、
実は 体育授業時間の先生は 日本の全国チャンピオンを出す新体操の先生でもあり、緊張しましたが!
その先生に点数を付けられました。(笑) どうだったのかは忘れましたが 流行っていたジャズダンスも習っていたことだし
踊りは好きなのは先生に伝わったかもです。

平均台より表面はフラットでないので、ナタラージアーサナの維持は結構至難な業です。




タンポポの若い葉を摘んでは、朝食に ちょっとだけ加えます。
気持ち 熱いお湯でサッと通して
スープや卵料理に添えて食べてます。
とても食べやすくて、タンポポは簡単にどこでも採れるので お薦めハーブです。


毎年 何もしなくても生えてくれる ルバーブ
フキの一種ですが、 酸味があり、こちらではケーキに使われますね。
以前にも、ルバーブの記事紹介もしましたので、読んでみてね。


我が家のヴェジガーデンの中
去年の秋に植えた 球根が ゆっくりと出て来たよ。
やっと花が咲きました。


Fuchia という花を初めて見つけました。
こんなに可愛い花があるとは!! 
垂れ下がる 下向きの花ですが、めっちゃLOVELYなんですよ〜。
これを観てると 心が温まります。

Om namo narayanaya,


 

Ocean View Guest house Yakushima

Yakushima, 鹿児島県, 日本
海山川に囲まれた美しい環境で 静かに佇む10坪ほどのプライベートコテージでお過ごしいただけます。 海も展望でき、敷地の入り口付近は広々とした茶畑が広がり、360度 美しい風景です。館内は杉の香りのする木造で、漆喰の壁です。障子の窓からは 柔らかい朝日が入ります。自然派志向のお客様にご満足頂ける空間でございます。 森の中に存在するゲストハウスには 沢山の野鳥を観ることができます。川か...
Yakushimaゲストハウス





JUGEMテーマ:健康のためにやっていること
| アメリカ生活 | 04:12 | comments(0) | - | pookmark |
アメリカに戻り やっと春到来





ナマステ〜🙏

やっとやっと
うちの森の地面にあった雪がほとんど 溶けました。
こちらは 日本と違い 感想が強いので、お肌が直ぐにカサカサしてきます。
日本で生まれ育ってる私のお肌は ここの乾燥した空気には なかなか慣れません。

春なのに 湿気が少ないって ヴァータな体質には困ったものがあります。
だから
朝起きたら、2カップぐらい 白湯にレモンと岩塩 とサトウキビ糖を少し入れて ガブガブ飲みます。
お通じも たっぷり 出ます。あースッキリ!

今日は とても暖かい日中なので、去年の秋から放ったらかしにしていたガーデンに入りました。

なんと
秋に植えた
チューリップの球根が ぐんぐんと芽生えてきましたよ。
🌷🍀本当に 自然の有り難みを感じる 心弾む日です。

幸せだなぁ💕

自然からの気のエネルギーを頂いて、すごく元気になった瞬間!
せっせと土を耕し始めます 。



農作をやる楽しさが 毎年 増す様な 感じですー👍その土地の土の性質までを考慮しながら
今年は 何を植えようかなと 考えるのも
一つの楽しみなんです。

去年作ったコンポーストはさてさて、効果を発揮してくれるでしょうか!?
でも全然量が足りないので、ガーデニングショップで 有機追肥も追加購入もするつもりです。

まずは土をいじり
大地のエネルギー補給をさせて頂いてます。

Thanksful for everything!
Shanti

 
 

Ocean View Guest house Yakushima

Yakushima, 鹿児島県, 日本
海山川に囲まれた美しい環境で 静かに佇む10坪ほどのプライベートコテージでお過ごしいただけます。 海も展望でき、敷地の入り口付近は広々とした茶畑が広がり、360度 美しい風景です。館内は杉の香りのする木造で、漆喰の壁です。障子の窓からは 柔らかい朝日が入ります。自然派志向のお客様にご満足頂ける空間でございます。 森の中に存在するゲストハウスには 沢山の野鳥を観ることができます。川か...
Yakushimaゲストハウス



JUGEMテーマ:健康のためにやっていること
| アメリカ生活 | 07:37 | comments(0) | - | pookmark |
アメリカンネイティブインディアン メディシンウィールのセレモニー
 
初めてのアメリカンネイティブのセレモニーへ行ってきました。
ショショニ−族のメディスンマンのガイドによるセレモニーです。 開催の前日から参加者全員がセレモニーに使う天然の石を湖から運び、セットアップ 装飾まで手伝います。
聖なる祈りの前に 皆で力を合わせて創り上げる作業は、本番にも大きな影響を与えます。
偉大なる自然との共有が既に始まっているからです。
スピリチャルポイントは 世界中に点在していますが、例えば 体のチャクラやツボと言った箇所が内外にエネルギーが流れる交差点だと言われる様に、地球にもエネルギーが湧き出る箇所があると言われます。
例えば、火山や温泉、湧き水スポットは代表的ですが、大昔から存在している神社等、、まだ未開の多くのスポットがそこらへんにあると言われています。
サンドポイントも沢山のスポットがあります。
そう言う場所は磁石のパワーが強いので トルマリンやセレナイト等のクリスタルもセレモニーに良く使われます。
石のサークルの基礎が出来たら、 ゲートからしか出入り出来ません。
その前に、一人一人 ホワイトセージでお清めをしてもらいます。

その土台のサークルの外側と内側に マスターが持って来た 沢山のクリスタルをアレンジして置いて行きます。

小さい子供達も喜んで クリスタルを大事に扱います。
とても純粋で、子供達を見ているだけで 心が清らかになります。

ここがゲートでサークルの中に一箇所 出入り口のスペースを開けます。

中に入る時は素足です。このスティックは部族のお守りでとてもパワフルです。
鷲や、コンドル等の羽、鹿の角は それらのスピリットが宿るとも言われ、大事に扱われています。
動物達のスピリットは守護神にもなります。

この杖を玄関の中央に地面に刺します。。。ネガティブな障害物から守る役目です。

皆でとても美しく中央を飾ります。クリスタルに生花ハーブ達
ヨーガやアーユルヴェーダの概念の中に
自然(宇宙)の要素を五つ(空(スペース)/風/火/水/地)を表していますが
 アメリカンネーティブインディアンでも
似た様な自然の要素として分けて、それぞれを神として崇拝し祈りを捧げます。
地/水/火/風/空 の順番で祈りが始まりました。
地は母なる大地の地球を象徴し、空は父とする考え。
風は 触感で感じる口で吹いた時のイメージを持ち合わせています。
そして 火は火山を含む大地からの火を描き、ネガティブな思考や魂を焼き付くし除去する役目があるそうです。
水は 川、湖の水を用いり、純粋な水を探し、セレモニーにも活用します。
空は 宇宙全体と地球は一体として捉え、この空無ければ他の要素も存在しないという事なので、 父なる空として象徴します。

この考えは 素晴らしくインドのヒンドゥーイズムと共通しており、 人類は皆兄妹と言う考え方から、古代人類は全て繋がっていたということに確信が持てるなーと思いました。
このセレモニーの最後には 色んなスピリットが下りてきました。
まだ浮遊している そのレベルから上がれないスピリットは制御出来ない人にくっついてしまうので、セージを使いながら、祈祷して外してもらいます。
只そこを見守る為にやって来た動物のスピリットもいます。
色んな型で人々を通して
表面に現れますが、マスターが除霊と癒しを与えます。
全てこのサークルの中の火で燃やし尽くし、聖なる祈りの場となります。
そして、世界中の無知 エゴを無くし、全ての調和と平和の世界を創造する事で、自然の磁気の強いこの場所から 聖なる祈りが発信され、そして その振動はあらゆるところへ拡散するという セレモニーとしての最大の狙いは ポジティブな祈りの中心からそのバイブレーションは無限に広がるという事。

ネガティブを除去するのに自然の火の要素は欠かせません。
例えば太陽のエネルギーは 火の要素です。

そして
火山のマグマの火もそうですね。

火山が爆発するという事は地球の浄化をしている証なのです。
自然の力は人間の力には及びません。

災害で被害にあった人程、その偉大な力を体で体験されて、沢山の気付きを得ていると思います。 目に見えない大きな自然のエネルギーも感じる事が出来る様になるといいます。

物質的な利益を求め、自然を汚す者は 必ずお返しが還ってきます。

小さな事から、
私達が地球を守ると言う考えに基づいていくと、
宇宙全体とのバランスは 私達個人の内側(小宇宙)と繋がってるんだと言う事に気がつきませんか? 私達がいかに エゴを減らし、愛と平和を築く為には 個人個人の心と体のバランスが大変重要になって来ますね。 

バランスを保つ為には 日頃の生活習慣、食生活も大変影響があります。

そこまで 気付いていれば、日頃の行ないで 修正する実践をする事で 徐々に変化がおこります。 気付きとポジティブな行いで 私達は良い方向に変わります。 
そうすると自分たちの周りにも影響が起こり、変化に気付きます。

まるで 地球と太陽系惑星の調和の様に。。。

私達が持っているエネルギーがある限り、体と心の中にも存在する火の要素により 内外のネガティブを焼き払う事が出来るのです。

このセレモニーで、とても気持ちの良い体験をさせて頂きました。

大自然のパワーを頂きました。

先ずは
私がココに在るという事に
宇宙に 自然に 感謝の祈りを捧げましょう。




評価:
価格: ¥ 11,314
ショップ: PADMIN
コメント:ネイティブインディアン ズニフェティッシュ レアなデザインです。

評価:
価格: ¥ 9,800
ショップ: PADMIN
コメント:インパクトのあるオームとガネーシャのシンボル(壁飾り)

評価:
価格: ¥ 4,300
ショップ: PADMIN
コメント:中にフリースがありとても温かい! パタゴニア正規商品です。

| アメリカ生活 | 10:01 | comments(0) | - | pookmark |
冬支度の薪割り
 

いよいよ 朝晩冷え込んで来て、落ち葉も どさっとたまり始めた頃は、薪割りも半分は済ませておかないと、マイナスの寒い冬の間に薪を割らないといけなくなる。指が凍る様な中 外の仕事なんて、最も最悪です。
今のうちに 十分な冬支度が必要なので、この時期 この地域は皆忙しい毎日を送っている。

暖炉に最初、火を灯す時に必要なのは 何が必要でしょうか?

新聞紙と乾いた小枝 もしくは 小さく割った薪です。

春にガーデンで切り落とした松の枝
今年は 木を切り落とさない変わりに、ベジガーデンの日陰をつくる原因でもある枝を 切り落としました。
 お日様で数ヶ月乾かして、
枝をポキポキ折ってバケツの中へ集めます。
それでは不十分なので、薪割りの際に 細かく割ります。

斧で割って行くと よく薪の中に枝が突き出ていて、それがとても硬い部分で、スッパリ割る事が出来ません。
 まるで人間の体の関節の様です。 
人間の関節部分もこんなにがっちり靭帯と筋肉で保護されているんですよね。 だからヨーガをする時は 最初に 良ーく関節を柔らかくする運動が欠かせませんね。

そんな生理学的なことを木から学べるって、自然は偉大です。

しかし、この作業、結構時間がかかります。 簡単に割れる時は音も綺麗に響きます。
だから、やっていて気持ち良い時があるんです。

この量でも多分3週間〜1ヶ月であっという間に無くなります。

積むのだって、腕、肩、背中の筋肉が鍛えられるんです。

サルバンガーサナや、スコーピオンが 軽々出来る様になりますよ。

ガスや石油ストーブの温かさより、この薪の火の温かさは 一番最高です。

もう一踏ん張り、薪割り仕事頑張りまーす。


| アメリカ生活 | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
             
| 1/4PAGES | >>