ARCHIVES
CATEGORIES
KAYOKO THOMAS のプロフィール
●Ayurveda&Hatha/SivanandaYoga 500Hの instructor(10年以上のプラクティショナー) ●アーユルヴェーダ ヘルスクッキング料理研究家 ●アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト、アーユルヴェーダクラスの講師 ●数人のアーユルヴェーダドクターの助手を手伝う。 ●全国各地でのリトリート、WSを開催 :::::::::::::::: ヨーガを初めて経験したのはNY在住時代1995年〜 その後講師になろうと思ったのはずいぶん後である。 2007年〜 アーユルヴェーダとヨーガを集中的に勉強が始まり カナダのアーユルヴェーダセラピースクール、南インドのアーユルヴェーダ病院で数人のアーユルヴェーダDrとの元で、多数のマッサージセラピー科、パンチャカルマコース、薬学科、診療科、アーユルヴェーダ料理コース、カラリパヤットゥ武術のマルマ施術(フット&ハンド)コース、インドで2010年1月ハタヨーガTTC (200H)や その後 シヴァナンダヨーガTTCや2014年ATTC(500H) を修了、以後 カラリパヤットゥ施術の講師、アーユルヴェーダ講師+スパイス料理&ヨーガ講師として各地でリトリートやWS、クラスを開催、アーユルヴェーダヘルスアドバイザーとアーユルヴェーダ的創作料理のクラスやアーユルヴェーダ施術等、多様な場で活躍。  ホームレメディケアとして、オーガニックハーブ、スパイスを使い自家製のアーユルヴェーダケアを作ったり 日常にもオーガニック野菜とハーブ農園を作り、自家製のスパイス料理とハーブ等を組み合わせて創作料理を楽しんでいる。 2010年以降シヴァナンダヨガ東京センターでヨーガとアーユルヴェーダの講師も教えていた時代もある。  2011年からインドのスワミゴーヴィンダナンダ(シヴァナンダヨーガ)を師事するようになり毎年アーシュラムで勉強が続く中、アーユルヴェーダ病院や、アーシュラム、ネパールのパーマカルシャーでの奉仕活動 等々。。。 様々に共通点を学びながら 特徴有る世界の文化、交流の体験をしている。  その他、PADMIN online shopの運営や 屋久島でヨーガクラス、アーユルヴェーダクラス、リトリートも年に数回開催。 2015年からリトリートが可能な屋久島の宿など屋久島での活動が始まり、また全国各地、海外に至りクラス指導やリトリート活動断続中。 社会貢献のためにインドの孤児院施設へ、収益の一部を寄付を続けております。
Oceanview guest house 屋久島  癒しのリトリート
おうちの薬草で作る ホームレメディー 薬草クリーム


 

 

 

ナマステー!! Kayoko Thomas です。


自家製 薬草バーム
ハーブレメディー です。

 

どんな高い市販の物よりも
自分で作る 薬用クリーム は最高です。

しかも ここの土地で採れた薬草で
地道に薬用オイル を作って ですよ。


それから長〜い間 待って できた 花のエッセンスの薬草オイルで 蜜ろう やらグリセリン やら 加えて 🐋撹拌させてかき混ぜる🌊
混ぜ混ぜするのに 愛情と時間をかける。
まるで マヨネーズを作ってる気分になりまっせ。料理好きは こういうのもハマります。

 

ヤロウ カレンジュラ カンファー ティートリー精油 を入れました。

 

傷やヤケド 殺菌 日焼けケア 肌再生を早める ので 顔にもリップがわりでも 乾燥肌にも 炎症にも 👀

 

王様に 献上して(笑) 気に入っていただけた様です。

怪我の多い仕事だから 直ぐ無くなりそうだ。

 

 

新鮮なハーブ は 食べ物と同じで 最高の栄養 と効き目が違う!
だから 沢山作れないのよね。
ヨーガ では "足るを知る "
ま、これも大事かと 思います。

 

 

OM Shanti

 

 

 

●2020年度
セラピスト養成 アーユルヴェーダプロフェッショナル
スタディプログラム インド病院で学習も含まれた内容のスタディプログラム 生徒募集中

 


● ケララでパンチャカルマツアー 受付中 (2020年 1月)

詳細コチラ↓
www.padminayurveda.com

 

 

屋久島リトリート アーユルヴェーダ集中基礎講座と大自然とつながる遊び編

詳細はクリック!してね

http://padmin-ananda.jugem.jp/?eid=709

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:キレイになる為に!!

 

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 08:50 | comments(0) | - | pookmark |
薬草 ヤロウ (セイヨウノコギリソウ)
アメリカにも日本にもある薬草

この時期
もうすぐ花が咲く 薬草 のハーブ ヤロウ です。
セイヨウノコギリソウ とも言う。



苦味があるので 若芽を生で食べるのが食べやすい。 ちょっとだけサラダに入れるのもいいと思う。
胃腸 胆系の機能障害からの
食欲不振 消化不良 に良いとか!
また 怪我 火傷 皮膚炎症 止血に 効果あり
大昔 兵士が怪我をした時に利用していたそうです。
生理痛
生理不順
月経困難症 など

婦人科系トラブルや自律神経の緊張に このハーブを入れた座浴 が勧められてます。


ヤロウの花
開花する前が香り高く、 この時が一番花のエネルギーを蓄えている時なので 開く前に採取して オイルに漬け込みます。 毎日 かき混ぜ エネルギッシュな花のエキスをオイルに転化していくのです。 傷の回復にも良いので 数ヶ月後は クリームにもしようと思っていまーす。



うちの
森には
良く鹿がやってきます。


色んなハーブも鹿達は大好きで
特に花の部分を 沢山食べていきます。

食べられたくない花は フェンスの中で育てます。

鹿が食べない 茜やラベンダーやミント系の花は
外に植えてます。


ヤロウは勿論フェンス外の広い森の中に点在しております。

ネイティブプラントに関しては
可愛い鹿ちゃん達に 何が旬で食べれるのかを教わって居ます。
食べた後を みつけては
へー、これ食べれるのかって
感心しながら 私も 食べてみます。
大体は苦味があるのですが
動物が
この季節に必要な 植物を摂ると言うのは
季節ごとに
気候や温度に対して
身体を調節してくれるエネルギー効力を本能で感じとって食べるんだから

動物の智慧の恩恵をいただけるチャンスだと私は思っております。




動物と植物の共存
とっても心が清らかに 満たされる 感じですよ。



●2020年度
セラピスト養成 アーユルヴェーダプロフェッショナル
スタディプログラム インド病院で学習も含まれた内容のスタディプログラム 生徒募集中


● ケララでパンチャカルマツアー 受付中 (2020年 1月)

詳細コチラ↓
www.padminayurveda.com




| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 12:29 | comments(0) | - | pookmark |
ネトル/ イラクサ/ アロー の薬草

イラクサ
アロー
ネトル
色んな言葉があります。
乾燥した所を好むと言われるこの植物は
アメリカの北部にもあるし
ネパールの山中にもあるし
日本では見たことがないですが 北部にはあるのではと思います。


この植物は繊維にもなります。
ちなみに
以前 アロー100%のネパール産ショールやキャミを Padmin
でも扱っていました。
年々 職人が減ってると言うことで希少価値が高くなって 仕入れ断念しました。



この写真のネトルは
アメリカの自宅近所で発見したもの。
ノースウエスト アメリカにネトルがある事に大興奮しました。
これを スープに入れて いただきました。
美味しいですよ。
また、お茶にしたり
大量に採れたら 炒め物にすると美味しいですよ。
ネパールの家庭では
一般的に 炒めたりスープにしたり
が多いですね。

火を加える事で 柔らかくなってトゲは無くなります。

★生は 食べない事をお勧めします。
細かいトゲがあり
喉や お腹が 痛くなります。

素手で生を触るとちょっと腫れて痛いです。 私が立証しました。笑笑


なんとトゲの部分にヒスタミン系等の毒があるんですって!

採取する時は手袋を使って摂りましょう。
小さなトゲが皮膚の中に入って取れないし
チクチク痛いです。

^_^効能・効果^_^ イラクサ /ネトルにはケガの回復やリウマチ、関節炎、痛風などにも良いといわれています。ビタミンや鉄分が豊富に含まれていることから、貧血の予防にも効果があります。血行を良くし 血液を増やし、その汚れを浄化します。

含まれる抗ヒスタミン成分に、喘息や花粉症などのアレルギー症状を和らげる効果があるそうです。
花粉症にお悩みの方は
ネトルを試してみましょう。

このハーブには消毒作用、風邪やインフルエンザなどの感染症を予防するとも言われており

また
ネトルには強壮作用
体内に活力を増進させます


利尿作用もあり浮腫にもオススメです。 そして婦人病にも良いと言われるので
かなり 万能的ハーブですよね。


ビタミン ミネラルが豊富と言う事からミラクルな野草で
妊産婦の栄養補給にも良い事から
家庭の万能薬的な存在でしょうね。

Om Shanti Shanti Shantih


●2020年度
セラピスト養成 アーユルヴェーダプロフェッショナル
スタディプログラム インド病院で学習も含まれた内容のスタディプログラム 生徒募集中


● ケララでパンチャカルマツアー 受付中 (2020年 1月)

詳細コチラ↓
www.padminayurveda.com


| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 10:03 | comments(0) | - | pookmark |
ニンニクの皮まで使う家庭の知恵




南インドの家庭 では ガーリックの皮を 蚊よけ用に 利用します。

炭を入れて炊くそうですが、 私は 炭なんぞもってないから
蚊よけ用のサンブラニ
という薬草 からできた お香の様な物を
ニンニクの皮 と共に燃やしまして
煙を出します。
効きがいつもより違うかなと 思うこともあるんですが
とにかく ニンニクの皮が再利用できるなんて
家庭の知恵 が今も尚
沢山生かされてるなーと 感動です!!!
インドの友人家族が教えてくれました。

ホームステイ の生活って そういう#伝統 的な生活 と 受け継がれた知恵 が 庶民の間でいきづいていて
観察できて 楽しいです。






ケララ州カヌールのアーユルヴェーダ病院で スタディツアーがあり 日本語オンライン授業と 合わせて しっかりと本格的なお勉強ができるプログラムがございます。↓
https://www.padminayurveda.com/study-program/





#インド #カヌール #ケララ #知恵袋 #アーユルヴェーダ #ヨガライフ #キッチンファーマシー #ガーリック #herbal #antimosquitos #ayurveda #padminayurveda #yogalife #kitchenpharmacy #india #kerala #kannur


| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 23:42 | comments(0) | - | pookmark |
アーユルヴェーダの豆知識 マラ
身体の老廃物-マラ


体から排出される 余分な老廃物
アーユルヴェーダでは
マラと言います。

マラは排出されるだけではなく
髪や爪 などの艶にも 影響されます。
よって正常に各組織へ栄養が送られればマラも老廃物となり
正常に排出されて なおかつ 肌や髪等の艶も美しく生成されるわけなんですね。

マラとは実際は、体の中で行われているさまざまな生理活動の結果生成される副産 物です。

便、尿、汗は、主に分泌物とみなされ、アンバランスなドーシャによって
様々な症状に影響されがちです。 アーユルヴェーダによると、ドーシャ(体質)、ダートゥ(身体組織)、マラ(排泄物)の状態のバランスがとれていると、病気のない健康良好状態となります。 そして、不調和状態は、病気の原因となります。

マラの重要性は 体の中で営まれている代謝プロセスの結果、食べ物の栄養が各組織に順に送り込まれながら、それぞれに老廃物が絶え間なく形成され続けます。
老廃物がうまく形成されず、身体組織に栄養を与える有益な(エッセンス)も
アンバランスに形成されなければ、代謝プロセスまでも正常機能せず
最終的には、生命エネルギーのエッセンス オージャスと言うものまできちんと生成されず 老化現象や 様々な症状を引き起こします。

廃棄物の適切な排泄は実際 不可欠です。 適切な排泄がなされれば、その人の健康は維持されます。

??主な三つのマラとは
糞便
尿


糞便は、人間の消化系の廃棄物。
体調 体質によって、食事や健康状態、消化系全体の状態の影響で、糞便の形が変わります。
排便の正常プロセスにひとつでも不具合があれば、便秘、下痢、膨腸、重圧感、 痛みなどが生じます。

尿は実際、血液濾過を通し て腎臓から分泌される液体廃棄物です。
尿の量の増大または減少 、様々な不調和で 尿感染症、腎臓結石、腹痛、さまざまな膀胱疾患といった病気を引き起こします。

発汗は
「スウェダ」と呼ばれます。
汗は肌の毛穴からでる液体で 主に水分から成り立つ老廃物です。
基本的に発汗とは、人体が体温調節のために行う方法のひとつです。
汗の生成において、不調和になると、かゆみ、肌の感染症、炎症、体の灼熱感または体温低下に生じます。


アーユルヴェーダ豆知識でした。


| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 22:04 | comments(0) | - | pookmark |
水に関わる新たな真相が VEDAの知識と重なるのはなぜか?

 

ナマステ〜

KAYOKO THOMASです。

 

ちょっと 目に視えない 自然科学の話の一部ですが、

私が気になってたことを お話ししたいとずっと思っていたんです。

 

世の中 私の様に アーユルヴェーダ(ヨーガも)についてを説明する人が沢山います。

ヨーガやアーユルヴェーダ関係者の中で 表現が違ったり 当たり前なんですが、

ましては 言葉を文にする事 説明不足 または サンスクリット語→英語→日本語という順序での翻訳された書もきっと正しく伝わってない事もあり得るでしょう。特にアジアの文化を理解していない西洋人が解釈してサンスクリット語やヴェーダの教えを英語で翻訳して、それを日本語に翻訳した書は、私はあまり読みたくありません。

 

私も色々と 同じ項目でも書物が違うと アーユルヴェーダの伝わり方がどうも違う言い方だったり変化してるのかなと

思ったりもします。(きっと混乱する人も多いのではと思います)

様々なドクターに同じ質問をしたり、何冊も同じテーマを違う観点から読まないとならない事もあったり、、、

そうでもしないと

細かい部分で結構勘違いしたりするものです。

そうやって ドクターの言葉を聞いたり読んだりしながら 確認し、長年自分なりに落とし込んできました。

 

このご時世の中で、 ずっと不思議に思う点がありました。

あるアーユルヴェーダ関係者では ピッタ体質の五大元素は火であるというが

一方では ピッタ体質を火と水だ と書かれている書物もあります。

まー、どちらでもいいじゃないか といえばそうなんですが、

私は ピッタ体質は 火と水だと 伝えてきました。(この水というのは水溶性の水のことを示しているのでは無いということです)

元素である水素や酸素がないと火は発生しないからだと確信していますが(縁の下の力持ち?)

 

現に酸素がなければ火は発生できません。

 

また違う観点ですが、簡単に火を燃え立たせるものはなんでしょうか?

良くいうじゃないですか、、、火に油をさす様なもんだと(笑)

怒りもそうなんですが、、、 

油は(水溶性)で 油でなくても 火は繁吹を入れると激しくパチパチします。そして天ぷら油の油が高音になりすぎたら、火が付き 一滴の水が入るともっと大きな火になってしまいます。

それだけ、水と火の関係はとても大きな関わりがあるのです。

 

 

そうだろうなと思っていた事がこのvideoで腑に落ち、やっぱり古代の知識はすごいな、、、もうヴェーダで立証されてるのに 

いまだに 現代科学は その事についてを あまり論じてないのかと思いましたが。 

 

太陽系の地球、地球は太陽から生まれました。という説があります。

太陽にも水素の原子があるという説には仰天しました。

アーユルヴェーダのこの太陽の様なピッタ(アグニ)のことではないかとピン思いました。

古代では

太陽神が最高神と言われるのですが 

このvideoで説明している様な話が 古代の智慧と重なるのです。

 

アーユルヴェーダの五大元素とは

空 風 火 水 地 

 

下のvideoは

主に水についてを 説明しているのですが、水に関わる他の要素も同時に調和して関係性がある事もわかります。

 

筋肉も司るカパ(水地の元素)についてを考えるときに

筋肉は 水からできていると 研究発表した Dr Gerald Pollack 博士は やはり只者でないなと思います。

筋肉はタンパク質からできていると一般的に知られている説を 覆す真相を発表していますが、一般科学者には話題にもされていないそうです。

しかし、アーユルヴェーダでは すでに水 地の元素を持つカパは 筋肉も支配すると言われています。

目に見えない細胞組織の中にはほとんどの水分が筋肉という形になって存在しているということ。きっと地という縁の下の力持ちが存在しないと 筋肉という形にならないのであろうと 思うのです。

それはvideoを観れば、私のいってることを同感してくれる人が現れるかも!

水は 個体 ジェル(氷と水の間の状態)液体 気体 それぞれあり 

体内には この四層が様々にいたるところに 機能している様に思えてならないです。

 

このことはもっと深く掘り下げていって 元素についてを 私の授業でお伝えしたいと思います。

 

 

 

興味深いお話でしょう?

 

ニュートラルに検証するってことが

新しい発想になるのですが、実は

古代の知識へ近ずく様になっていく様に感じてならないのです。

 

 

エハンさんのお話は 本当に面白くて、ハッとさせられるのです。

未知なる 自然と宇宙についてのお勉強 楽しめますよ。

 

 

 

PADMIN インドの病院でリトリート2週間 

2019年2月〜2月末 募集中 ! 1月は締め切ります。

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 12:01 | comments(0) | - | pookmark |
アーユルヴェーダお悩み相談室 体験



ナマステー
アーユルヴェーダカウンセラーとして
お悩み相談をやっております
Kayoko Thomas です。

カウンセリングと言っても 宣伝はさほどしていませんので
お友達から知り合いへのご紹介が殆ど。

私自身 色んな場所を行ったり来たりして一人でなんでもこなし やっていますから、 旦那さんへの奉仕?というか 共に過ごす時間も大事にしているので 、 宣伝する暇が全然無い!

他の運営もしているから 本当は私の元でお手伝いしてくれる信頼のおける人を求めています。 ご縁って大事ですよね〜〜!
私の周りには とっても素晴らしい方が既に現れていますが、皆様 才能ある方達 だしとってもお忙しそう。タイミングよく 個性を発揮できる そして 力になってくれる 素敵な方 いつでも ウェルカムです。 そして 生徒さん達もWelcome!

地道な努力とタイミングと できる時しか やらないこのペースで かれこれ Padmin 初めて 9年目? わー あっという間ですね。
ゆっくりペースですが
ヨーガ仲間や友人達から ご紹介いただいてることに
本当に感謝しかありません。




さて
今日のテーマは
今まで のアーユルヴェーダカウンセリングについて
今までブログで
全然書いていなかったので

ある日
ある方のアーユルヴェーダカウンセリングの体験 を 私のアドバイスの前後にどの様な変化が
あったかをお知らせしようと思います。


海外から帰国され関西に住むKさん

の感想を参考にしていただけたら
きっと私のやっている事
改善された時の喜びを共有出来たら
嬉しいなと思います。


Kさんは 当時40歳代後半 59kg 165cmの体型
カパヴァータ体質で
夏前に帰国され
湿気もある暑い関西の夏を過ごされていました。
とにかく 都会の夏は 放射熱で夜が暑くて 毎日、冷房をつけっぱなしで寝るという生活。 夏は汗をかくものが当たり前の季節ですが 分かっていながら も
放射熱に耐えられない と 冷房慣れ(人はこれを冷房病という) に違和感がない 状態に、、、自然のサイクルに反して汗をかきづらい状態になってしまっていました。


そして数年間の悩み中 の
椎間板ヘルニア痛

体が重く むくみを感じる

便秘気味
たまに断食するが痛みは消えず
という状態
過去には
盲腸 子宮内膜症
子宮頸ガンを完治 させている
カパ優勢なので
生命力がパワフルなお方。


そこで
カパが乱れの原因は ヴァータの憎悪で痛みが生じる事も連動作用でにあるので、夏なのに体が冷え切って 汗でデトックスが出来ず、弱っている部分に 痛みを生じている。

その時期の 彼女の環境と どういう食と生活習慣か 調べさせてもらいました。


そして今は
断食をしない方が良いと勧めました。
断食は健康な人がする浄化法で
症状がある人特に痛みがある人には勧めるものではありません。
痛みを引き起こすヴァータのエネルギーがもっと増えてしまいます。

普段から口に入れるものを全部 お薬としてとらえるアーユルヴェーダは
食べ物の質 、様々な味の取り方 、食べ合わせ等についてを考慮しないといけません。

普段私が 気をつけてアーユルヴェーダ食の実践から得た経験の知恵と学びを
ただお伝えしただけですが

Kさん
とても良い効果が意外にも
比較的直ぐに現れた様でした。(人によるのですが、kさんは真面目に取り組んだ様でした)

< カウンセリング前に 自分に向き合うための心構えを伝え確認させてもらいました。 >


「..........。人間は煩悩で (特に日常の食に関しては) 相当意思が強く無いとね!アーユルヴェーダ食糧法を信じていたらもっと楽に受け入れると思うけど、 あれもこれも同時に他の食事法を取り入れたい!となると
判断や効果が得られないし、
アーユルヴェーダ食糧法の効果が あったかどうかが いまいち分からなくなります。その辺のお気持ちが アーユルヴェーダに向き合えるのか を知りたいのと
また
登山と同じ様に 急には頂点にたどり着けないので、 少しずつ変える姿勢で 頂点の目標を失わず、 まず続ける事が大切。だから
食事習慣を変える事は時間がかかると思います。 そしてアーユルヴェーダは即効性を期待しすぎず、徐々に変化を観察する必要があり、その気づきに確信できたものが体にインプットされたら
自然に 体が 避ける必要のある物を心身で感知し、 無意識に自己修正出来る様になります。
ですからまさに、食事法は 病気予防の一環なのです。」



<カウンセリング前のKさんのお返事>


「思考パターンの傾向、食生活はおっしゃる通りで、 意思は弱くありません。やれば真面目に続ける事が出来る性格です。 しかし 、子宮頸がんの時も ドクターに言われた物以外口にせず、 食生活を整えましたが、症状が良くなってきたら
いつの間にか言われたものを摂らず、昔と同じ様な物を食べています。

食生活は中学生の頃から気になる事です。

食事量はさほど食べてないのに、太っているし、ちょっとでも食べると 即体重増加。
パンパンの体と顔になり、その後少食にしても 2kg 3kg しか落ちません。
そのため 30年ぐらいの間、かなり少食にする時期と 普通に食べる時期を繰り返して来ました。
この長く続くモヤモヤした感じ、辛さをもう辞めたくて アーユルヴェーダ食事法をやりたいと思います。
ヘルニア後10kg近く太り 68kgでした。」




<カウンセリングが終了した後に頂いたメッセージ>

「長い時間、たくさんのアドバイスありがとうございました!!
実行あるのみですので 、言われた様に 無理がかからない様に極端な事はせず
減らすことから始めます。貴重なお時間をありがとうございました。」



●不必要な量を減らす事は 食事だけでなく、 物質界でも必要な事ですね。
部屋の物も 服も、、、もしかして 人間関係も?かもしれません。



<そして...カウンセリング5日後にKさんからメッセージをいただきました。>

「おかげさまで
痛みが取れました!
あと 毎日便が出る様になりました。
出かけることも多くて、なかなか調整が出来なかったのですが、出来ることから
白湯を飲むこと
冷たい物を食べない様にする事を実践しただけでも 効果が出て来ました。今日から 食事をもっと調整していきます。
ありがとうございます!」


<カウンセリング一週間後のお返事>

「ありがとうございます。
こんなに早く変化が出てくるとは思いませんでしたので、私も嬉しいですし、楽しいです。
暑いだけかもしれませんが、数日ものすごく汗をかいています。これをデトックスだと思いたいです。
野菜はどれが軽い質だったかなと
考えながら買う様になりました。」




< カウンセリング 1年後
直接 お話が出来る機会に恵まれた時のお言葉を頂きました。 >

「あれから すっかり 症状が良くなり
すっかり調子が良くなって アーユルヴェーダ 生養 食事法について感動しました。 何か少しでも不調を感じたら、教えて頂いた食事習慣に戻す様心がけています。 」
この様に
アドバイス後も
日々の生活の変化の気づきをシェアしながら 自分を観察する事ができ、自信もつきます。

また 痛みが消えると その頃の想いまで 忘れてしまうこともありがちです。
でも一度 自分修正すると
また 元に戻りそうになった自分に気づいた時
自己 修正は早く正常へ戻す力を確実に
呼び起こす事ができます。


全てを受け入れる事と間違いに気づき修正する気力があれば

いつも 適正な判断が 出来る様になるだろうし 新たな挑戦と勇気のパワーが湧き上がるでしょう。

「私が変わる」事を拒む人もいらっしゃいます。
執着 恐れや恐怖 不安などの奥底に眠っている潜在意識 表面には出ていない感情や意識 でそれは自分さえも気づいていない奥深い観えない根っこと向き合いたいと 願う 人生の転機を向かえた方に

アーユルヴェーダは最高の学びとなる事は間違いありません。

その様な方々へ 私がお手伝いできる事は本当に嬉しい限り!





PADMIN インドの病院でリトリート2週間 2019年2月〜2月末 募集中 ! 1月は締め切ります。



| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 15:39 | comments(0) | - | pookmark |
インドでアーユルヴェーダリトリート2017 ご報告

こんにちは、Kayokoです。

猛暑の夏の日本、熱中症でお悩みの方多いと思います。

毎年インド ケララ で熱中症気味になる私は ひどくならぬ様に予防対策として

一日 二回〜三回 水シャワーを浴びて 頭を冷やす。

そして、朝は ヴァージンココナッツオイルで頭皮をマッサージする。ココナッツオイルは外の熱射から頭をクールダウンして守ってくれます。

白湯を多めに 朝起きたら飲む、日中も水を沢山飲む、ココナッツウォーター、アロエジュース、やサトウキビジュースなんかも良いです。 ちなみに パティムカムは夏の水分補給に最高です。 体力も必要なので、ラサーヤナ(滋養)としてチャヤワンプラッシュは朝か 夜に スプーン1杯をなめる。 

そんな感じで 水分補給にプラス 頭のケアを重点的にやると 良いでしょうね。体温って頭から特に出たり入ったりするから家と外の気温差が激しい 冬も夏も頭を保護するのは大事。
冬は頭をニット帽で温めることで体温が外に出ないので、体が冷えないでしょ。だから夏は 太陽で頭が熱くなりすぎるから、体全体まですぐオーバーヒートになる。 ココナッツなどは最高に冷やしてくれるので、特に南方の方にオススメです。


さてさて

2017年 ケララ州 カヌールで行われた 病院でのリトリートの感想です。

以前と違い

今回は ショートステイ

約10日間1週間の病院でトリートメントコースのみで試みてみました。

クライアント様からの感想をご報告です。

ビーチ沿いの夕日が綺麗に見える場所にステイは やはり気持ちがいい

ということで、 これも大正解、、、皆さん この景色に大変満足されていました。


クライアントさん達はインドが初めてでした。

英語もあまりしゃべないとおっしゃっていて、最初の不安もありながらの旅でしたが、来てしまったらなんの事はなく、問題なく予定通りに来られました。

度胸あれば、何処へでも行けちゃうって自信がついたそうです。

早速 トリートメント前日の着いたその日に 病院へ連れて行き、お悩み解消を期間中に最大限に活かすために、

ドクターとゆっくりカウンセリングを行いました。

家族とご本人の過去から現在までの病歴はもちろんの事、

現在の生活環境や健康状態も参考にします。

YさんとSさんは健康的な事が大好きで刺激や気づきを通して、常に自己探求を求めている方達です。

Yさん↓

個人の事なので 詳しくはお伝えできませんが、

手術体験もお持ちで、ある臓器の弱っている部分がホルモン調整と並びに心にも大きくかかわってきており、根本の原因を正常に向かわせる為のトリートメントを短期間の中でメニューを作ってくれます。

ただ、短期間だと効果を最大限に引き出すというよりも、アーユルヴェーダの施術体験の部分から 

何か気づきを得られるチャンスという事で ご本人も楽しみにしている様子でした。

インドで何もかも初体験で 初日から 大興奮でした。

彼女のメニューは アビヤンガ、タックラダーラ、カティヴァスティ、オイルの浣腸を7日間

ヴァータ体質のYさんの感想です

<アビヤンガ>

心地よかったです

オイルの香りがよく、全身の力を抜く事ができました。すぐに眠りたくなりました。

<タックラダーラ>

シロダーラは温かいオイルで行うと聞いていたので、タックラダーラがはじまって、薬用バターミルクが冷たくてビックりしました。リラックスできるのかなとも思いましたが、不思議なくらいおちていきました。

思考がスッキリする感じもありました。

意識が遠のきながらも色々な感覚や思いが出てきたのも、この施術の時だったと思います。

また、やりたいのは?と聞かれたら、一番はタックラダーラです。

<カティヴァスティ>

仙骨の辺りがいつも気になっていたので、とても楽しみでした。施術中にはじんわり温まるというよりも、仙骨の辺りで何かがジリジリしている感じがしました。怒りなのか?ちょっと不思議な感覚でした。

<オイル浣腸>

浣腸をする時に、中々力がぬけなかったです。自然に力が入っていたのに気づきました。

直ぐにトイレに行きたくなる感じかな?と思っていましたが、緩やかな感覚でオイルが出てきました。

呼吸を繰り返しながら、根気よく浣腸してくださってありがとうございました。

●トリートメント終了後

インド行きのきっかけをくださって、本当にありがとうございました。

このリトリートが気づきの連続であり、至福の時間でした。

とにかく、力が抜けました。肌の感じも違っていたと思います。

力は抜けましたが、気持ちがスッキリというよりハッキリしてきた気がします。

ピッタヴァータのSさんも初めてのインド渡航

日本でも女性ホルモンについてのテーマでお仕事をされており、

日常でも 健康的な生活を目指していらっしゃいます。

彼女は いたって健康ですが、更年期に入り、ピッタドーシャの乱れから起こる繰り返すヴァータ憎悪の鎮静を目指し、また

これから起こりえる更年期障害の予防にもホルモン調整を担う 必要なメニューを作ってくださいました。

長年のお悩みの症状については、 毎日の内服薬の処方も かなり有効だったようです。

お帰りに必要だと思われるお薬を購入されました。

メニューは ネトラダーラ、アビヤンガ、タックラダーラ、オイルヴァスティー(浣腸)、ヴィレチャナ(下剤)を1週間で組み合わせます。


Sさんの感想

<アビヤンガ/ハーフアビヤンガ>

一人ひとりの処方箋に基づいたハーブオイルを

あれだけたっぷりと贅沢に使ってもらって体がとても喜んでいました。

<ネトラ バスティ>

目のトリートメントもとても、気持ちよかったです。

施術が終わった後はスッキリ視力の快復感を感じました。

<タックラダーラ>

至福でした。オイルダーラとローズウオーターを使ったダーラは

体験したことがあったのですが、冷たいミルクのダーラは意外と匂いもきにならず、意識は遠くへ飛ばされました。

<オイル浣腸>

痛みや違和感はありませんでした。

意外とオイルをプールできるものなんだと思いました

<ヴィレチャナ 下剤>

内服後にお腹が痛くなるのかと思いましたが

そうでもなかったです。優しい下剤でした。

●トリートメント後の感想

毎日、ビーチで日焼け止めなしで海で泳ぎ、真っ黒に日焼けしている

はずなのに、すぐに日焼けも回復して肌もモチモチになりました。

また受けたいです。今度はもっと長く治療に専念したいです。

本当に疾患を改善するなら1か月とかいるのかなと思いました。

BEFORE &

AFTER ↓

Yさん とってもスッキリしたお顔、そして何よりも本質の美しさが!!

1週間でこれなら3週間受けたら、別人になっちゃいますね!!


Sさんも ますます元気いっぱい そしてこの美しさ!

40代後半には見えませんね。

(初めてのサリーを着て大興奮!)

お二人とも お肌が本当に艶やかで、ツルツルと滑らか 表情も輝きが増しました。

余談ですが

漢方医などから”好転反応” という言葉はよく耳にしますが、

改善として良くなる前に毒が出ていく過程で、逆に 怒り不安やある症状が悪化するという反応があります。

西洋医学の処方で即効性に慣れてる方は これに気づかず、「悪くなった 全然効かない」などと判断される方もいらっしゃいます。

比較すると アーユルヴェーダは 改善するまでにとても時間がかかります。忍耐力も必要です。根本原因を探って治す時間はそう簡単なことではありません。アーユルヴェーダ医の診断と本人の直すという気力と信念は一番大事になりますね。

毒だしで悪化することがあっても好転反応と観てその段階を乗り越えないといけないのです。

まず毒を出し切ることが先なので、それを乗り越えたら改善が徐々に現れるのです。


夕日を見ながら、チャイを飲んだり タピオカとカレーを食べたり できる

とっても静かなロングビーチです。

PADMIN インドの病院でリトリート2週間 2019年2月初旬〜2月末 募集中

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 23:23 | comments(0) | - | pookmark |
薬草 ヒソップ の活用法





こんにちは
Kayoko Thomas です。

今年の夏 の家庭菜園 は 例年より 蜂もハチドリも 多く訪れるようになりました。
去年から 土地作りに精を出して
友人宅の無農薬農園で 牛を飼っている所まで 牛糞を貰い 去年の秋から コンポーストに混入させたり
半年寝かせた物を春から土と混ぜてから 種を蒔いたり 苗を植えたりと 地道な努力をしています。
その成果が実った嬉しさと言ったら、 もう特別です。


三年前に種から育てた
ブルーヒソップ (上の写真)が今年初めて 花を咲かせました。
毎年まだかまだかと心待ちにしていたハーブが 今年は とっても大きく たくさん咲いて 蜂たちが大喜びです。



そして 今年のカレンジュラの花↓も
沢山咲いて


オレガノもどんどん増えて
どの 花も蜂を寄せ付けてくれるので
野菜たちも沢山実ってくれてます。
今日は
初先のヒソップについて
お話ししたいと思います。



抗炎症、抗菌、収れん
去痰、気管支炎などの呼吸器系疾患、駆風、発汗
風邪のひき始め、鼻づまり、咳の鎮静 リウマチによる筋肉や関節の痛み
こわばりを和らげる
腸内に溜まったガスの排出を助ける
神経系の強化
にとても良いそうで

効能として考えられる要素をあげてみました。

ハーブティーにしたり
リキュール漬けなど

で主に利用されてるそうで

お風呂に入れるのも 生は香りが良いので 呼吸器系でお悩みの方は是非試してください。 咳や鼻水の風邪 の時ももとても良さそうな薬草ですね。
アロマの香りで 気持ち良いし
鎮静すると 良いですよね。



ヒソップは日本では ヤナギハッカと呼ばれているのは 葉の形が柳に似て
香りが 少しハッカの様な香りに近い
と言う事みたいです。

乾燥したものより生の方が香りが高いですので
私は洗って 生のまま ビネガーに漬け込んで 手作りサラダドレッシングにちょっと加えてみたいと思います。


これからの猛暑にお気をつけて
お過ごしくださいね。



おまけ
ミントの花も とっても可愛い!
夏のお風呂にも凄く気分爽快させてくれます。

↑ 熱中症予防に ミント水にすると
クールダウンしてくれるし
最高に気分スッキリしますよ!



PADMIN インドの病院でリトリート2週間 2019年1月〜募集中

| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 17:00 | comments(0) | - | pookmark |
オーガニック農園との学びと取り組み
ナマステ〜
Kayoko Thomasです。

ボチボチ ブログを更新できる環境に やっと来たかなーと 思いながら

今年の春もまた アメリカで
先ずは
日々 菜園の土と毎年成長する周りの木CottonWoodの根とにらめっこです。
この根は 凄まじく早く大きく成長するの。ガーデンボックスの底の網から上手に伸びていき 土全体の栄養と水分を吸い取ってしまう 生命力の強い木なのです。

この春で 実は これに疲れ切って居る私、、、
また 今年もやられたと、、、、

実は 収穫の秋が終わると
箱の中の土をシャベルで柔らかくし オーガニックの牛の糞と おがくずと落ち葉を混ぜて 上に枯葉を敷き詰めて 次の春まで待てば 雪の下でゆっくりと土が熟成し柔らかく良い土に戻る
土は柔らかく熟成された良い土になってくれると期待して アジアへ出発するのです。
そして
春に戻ると 、 このCottonWoodの 根が 箱全体に張り詰めて スポンジ状態となって居るのです。
固い土を切るかのように ザクザクと掘る作業は ヨーガの練習よりハード
そして、 根を振って落ちて来る土は なんともサラサラとして栄養が抜けちゃったような土、、、、
がっくりしながら
この気持ちをどこに持って行っても どうにもならない、
ただ自然のサイクルに 私が 参加させてもらってるんだと 言い聞かせる様努力し ているのだが、思うに 旦那様に コットンウッドとの お付き合いについてを
今年も やられた〜とか 私の作った土を 盗まれた〜〜とか 言って しまうので
自然共存への感謝も 私自身未だ未だ足りないのです。

しかし またもや
今年も 土を作り直し って感じで
周りの根を掘っても掘っても 次々から 根が伸びて来る。
数年繰り返して
なんで気づかなかったんだろう!こんな簡単な事 と 思うアイデアが 浮かび上がった。

こうすれば、一年のうち一ヶ月間は効率よく時間を削減できるかもしれない。
秋の収穫後は
箱の中の土を 全部取り出す作業をする
でかいコンクリートのコンポーストを入れる土づくりの場所を作る
後は春まで 箱は空っぽにし 栄養満点の土を春に入れ替える。



六つの箱を根気よく土を柔らかくし追肥をし 少しずつ先週から種を植えて居ます。




植えたのはポテト 多種の豆 大根 赤いラディッシュ ビーツ 人参 アルッゴラ スイスチャード ほうれん草 等

この真ん中の木がコットンウッドです。とにかく大きくて 根を触ると 水分をたっぷり感じます。カパ体質の木なんだな〜〜!
この二番目の写真 の根っこが 例の厄介者です。半年で 箱全体に広がるんです。

土の香りも無くなるほど 勢いよく栄養を吸い取ります。

でもね 厄介者と言われているこの木の春の芽の香りは最高に癒されるんです。若芽が出ると その周りの殻が 落ちて来るのですが その殻についたエッセンシャルオイルの濃く柔な癒しのエッセンスはたまらないのよ。 だから 彼らに感謝せにゃあかんのです。


試行錯誤で
殆ど人から教わる事なく 体験から農をやるって 先入観を取っ払えるし なんとなーく感でやってきて やっと土づくりも楽しくなって来て居ます。
人間は土からできて居る
と体感して思うになったのも 農をして居るおかげなのよ。
土は私達の命の様なもの。
光(火) 水 土 のエネルギーも其の土台に必ず空間と流動する風のエネルギーが 基本存在しないと 三つも成り立ちません。
私達の 排泄するすべても 土に還る クリーンな物 消化が良ければ 排泄物も クオリティ高い物に !決して 汚い物では無いのです。
魚のウンチもおしっこも海に垂れ流して居るのに みんな人間達は平気で泳いでますよ。
なのに人間や 動物達のウンコを皆んな汚いとか言って嫌がる人多いですね。
良い排泄物が土に還るとクリーンになって栄養豊かになる。
そして美味しい野菜になって 私たちの口に入る。というリサイクルシステムを もっと幼児の教育プログラムに わんさか導入して欲しい物ですね。


象のウンチも紙になったり タイやスリランカでリサイクルが進んでますね。
牛の糞でやれないもんだろうか?
インドならそういう取り組みも出来そうな気がするけど、、、

こういうところもあるね↓スリランカで象のウンチで紙作って生産しているwww.ecomaximus.com

こういうエコ環境社会が 沢山産まれます様に!
消化が良い象さんの糞で出来た紙がやっぱり柔らかくて質が高いそうです。

ちなみに象さん達はヴェジタリアンです。

私達も消化を良くして
高品質なウンチを生産しましょう!
何のために?
そりゃ 自分の健康と幸せのためにです。


健康についてお悩み解消 食事改善の為に アーユルヴェーダカウンセリング 随時受け付けております。
スカイプ又は Zoom などで アポイント可能。詳細はメールでお知らせします。
メールへお問い合わせ: kayoko.gananam0あっと gメール ドット コム
(迷惑メールの防御対策で失礼します)


| Ayurveda  アーユルヴェーダ | 10:31 | comments(0) | - | pookmark |
             
| 1/11PAGES | >>